大迫傑選手(男子マラソン)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月3日

プロフィール

大迫傑おおさこすぐる選手
中学から本格的に陸上を始める。
全国高校駅伝で2回の区間賞、箱根駅伝で2回の区間賞、ニューイヤー駅伝で区間賞を受賞するなど、数々の成績を残す。
2015年にアメリカ・オレゴン州に拠点を置くナイキ・オレゴン・プロジェクトに加入し、現在はプロランナーとして活動。
2020年3月1日に開催された東京マラソンで全体4位(日本人1位)でゴールし、東京2020オリンピックのマラソン日本代表選手に決定しました。

出身地

町田市

生年月日

1991年5月23日生まれ

出身校

町田市立金井中学校
佐久長聖高校(長野)
早稲田大学

所属

Nike

自己ベスト

5000メートル:13分8秒40(2015年7月ナイト・オブ・アスレチックス)日本記録
1万メートル:27分36秒93(2020年12月日本陸上競技選手権大会)
マラソン:2時間5分29秒(2020年3月東京マラソン)

主な代表歴

2015年北京世界陸上競技選手権(5000メートル)
2016年リオデジャネイロオリンピック(1万メートル)
2021年東京2020オリンピック(男子マラソン)

これからの大迫選手に注目!

大迫選手は、2021年7月29日に自身のツイッターで、東京2020オリンピックのマラソンを現役選手としてのラストレースにすることを表明しました。
大迫選手のラストランに日本中の注目が集まる中、8月8日の男子マラソンで堂々の6位入賞(日本人トップ)となり、有終の美を飾りました。
今後は、次世代アスリートの育成や陸上競技のブランド価値の向上などに取り組んでいくということです。
競技者としての生活は東京2020大会で一区切りとなりますが、今後の大迫選手の活躍からも目が離せません。

大迫選手の貴重なインタビューが掲載されています

このページの担当課へのお問い合わせ
文化スポーツ振興部 オリンピック・パラリンピック等国際大会推進課

電話:042-724-4442

ファックス:050-3066-0178

WEBでのお問い合わせ