寺西一選手・佐藤大介選手(ブラインドサッカー)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月3日

プロフィール

寺西一てらにしはじめ選手

広島県出身町田市在住
生年月日:1990年5月23日
所属:パペレシアル品川
ポジション:フィールドプレイヤー

寺西選手から動画メッセージをいただきました。

寺西選手の貴重なインタビューが掲載されています。

佐藤大介さとうだいすけ選手

神奈川県出身
生年月日:1984年6月17日
出身校:成瀬高校
所属:たまハッサーズ
ポジション:ゴールキーパー

ブラインドサッカー日本代表東京2020大会で歴史的快挙!

寺西選手と佐藤選手は、日本代表として東京2020パラリンピックに出場しました。
日本はパラリンピック初出場ながら、順位決定戦で世界ランキング3位の強豪スペインを破り、5位で大会を終えました。
東京2020大会で大きな前進をした日本代表チームから、今後も目が離せません。

ブラインドサッカーとは

視覚障がい者と健常者が、互いに協力しプレーするサッカーです。
4人の「フィールドプレーヤー(全盲)」と「ゴールキーパー(健常者もしくは弱視者)」のほか、敵陣ゴールの後ろから選手に情報提供する役割を担う「ガイド」、全体指揮を執る「監督」の合計7人で行われます。
ピッチサイズはフットサルと同程度のサイズで、ボールは転がすと音が鳴る専用ボールを使用します。
選手たちにとって、仲間の声やボールの音、時には相手の声さえも、大事な情報源となります。
「プレー中はお静かに」、ゴールを決めたときは「大歓声をあげて」、喜びを分かち合いましょう!

ブラインドサッカーイメージ図(c)JBFA

2016年・2018年・2019年に市内でブラインドサッカーの試合が開催されました

このページの担当課へのお問い合わせ
文化スポーツ振興部 オリンピック・パラリンピック等国際大会推進課

電話:042-724-4442

ファックス:050-3066-0178

WEBでのお問い合わせ