このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の オリンピック・パラリンピック等国際大会情報 の中の 2020年東京オリンピック・パラリンピック関連情報 の中の スポーツ の中の 東京2020オリンピック競技大会の自転車競技ロードレースのテストイベントが町田市でも開催されます のページです。

本文ここから

東京2020オリンピック競技大会の自転車競技ロードレースのテストイベントが町田市でも開催されます

更新日:2018年11月28日

2019年7月21日に、東京2020オリンピック競技大会自転車競技ロードレースの1年前テストイベントが、世界自転車連盟(UCI)公認の大会として実施されます。町田市内に関しては、本番と同じコースを通過します。

東京2020テストイベント(自転車競技ロードレース)概要
大会名 東京2020テストイベント自転車ロード(仮)
 ※男子ロードレースのみ実施
競技日時 2019年7月21日(日曜日) 正午から午後5時15分
 ※フィニッシュ時間は予定
競技会場 スタート:武蔵野の森公園(府中市・調布市・三鷹市)
ゴール:富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)
走行距離 約179キロメートル
 ※東京2020大会の男子ロードレースコース(富士山麓方面ルートを除く)
 ※総距離は約189キロメートル(スタート後10キロメートルはパレード走行区間)
 ※「パレード走行区間」とは、実際にレースのスタートが切られるまでの非競技区間で、選手たちが低速で揃って走行する区間です。
参加チーム ナショナルチーム(最大24チーム)
主催 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

町田市内の自転車競技ロードレースのテストイベントコース

町田市内の走行距離は、約3.4キロメートルです。
なお、コースについては、今後、大会運営上の事由等により一部変更される場合があります。

多摩ニュータウン通りを八王子市から進入して、多摩ニュータウン入口交差点を右折。町田街道を西へ約2.3キロメートル直進。坂下交差点(八王子バイパス西側)を左折し、稲荷橋(境川)を渡って相模原市へ。

競技の実施に伴う交通等への影響

競技を実施するにあたっては、競技の特性から一定程度公道の使用制限を要するため、次に挙げるような影響が想定されます。想定される影響に対しては、今後、組織委員会とも連携しながら必要な対策を講じていく予定です。

  • コースおよび周辺道路の交通規制(概ね1時間45分程度を想定)
  • 観客、大会関係者、ボランティアスタッフ等によるコース周辺の混雑
  • 大会数日前からの運営用資機材の搬入や設営等に伴う関係車両等の出入り

交通規制の時間帯は、選手や関係車両の通過に10から15分程度、通過前約1時間と通過後約30分の合わせて1時間45分程度と想定されます。

テストイベントとは

東京2020大会の成功に向けて、競技運営及び大会運営の能力を高めることを目的として行うものです。2020年の大会本番で使用する設備や施設、会場において課題の抽出、リスク精査に焦点をあてたテスト計画を遂行しつつ、「競技エリア」、「テクノロジー」、「運営スタッフ」の3つの必須要素に注力して、技術的部分を中心にテストを行います。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京2020テストイベントカレンダーの公表について

組織委員会が2018年11月22日付けで公表したテストイベントのスケジュールの紹介ページです。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
文化スポーツ振興部 オリンピック・パラリンピック等国際大会推進課
電話:
042-724-4442
FAX:
050-3066-0178

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)