南アフリカに関する取組み

南アフリカとの交流のきっかけは、2015年7月にラグビーチーム「ブルー・ブルズ」がスーパーラグビー所属チームとして日本で初めてとなる町田市へ遠征を行い、町田市立陸上競技場(現・町田GIONスタジアム)でホームタウンチーム「キヤノンイーグルス」と国際交流試合を開催したことです。
この試合以降、2015年ラグビーワールドカップでの日本代表対南アフリカ代表戦のパブリックビューイングの実施や、駐日南アフリカ大使館行事への参加等の交流が始まりました。
2016年6月には、ラグビーワールドカップ2019日本大会や東京2020オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツを通じて南アフリカとの交流を更に深めるため、ホストタウンとして登録を行いました。
以降、7月18日の「ネルソン・マンデラ国際デー」における大使館と連携した奉仕活動の実施等を通し、南アフリカ関係者と積極的に交流しています。

2017年度は、ホストタウンとしての取組みを、「まちだ〇ごと大作戦18-20」のプレイベントとして、市民の輪を広げるつながりづくりに結び付けて実施しました。

「まちだ〇ごと大作戦18-20」についてはこちらのページをご覧ください。

2018年11月には南アフリカオリンピック委員会(SASCOC)と東京2020大会の事前トレーニングキャンプ実施に向けた覚書を締結しました。

注記:2021年7月の事前キャンプ受入れに向けて交渉を続けてきましたが、練習スケジュール等の調整の結果、町田市で事前キャンプを実施しないこととなりました。

事前トレーニングキャンプについてはこちらのページをご覧ください。