#映える風景を探して 古代ローマから世紀末パリまで

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年7月19日

イベント概要

#映える風景は、どのように作られるのでしょうか?
山と川が織りなすダイナミックな眺め、中世の面影を残す街並み、理想郷を思わせる美しい田園
目の前に広がる景色をひとつの絵に収めるために、画家や版画家はさまざまな工夫をこらしてきました。
本展では、版画を中心に、油彩画、水彩画、挿絵本、写真、光学装置などの展示を通じて、16世紀から19世紀までの西洋風景画の歴史を辿ります。
ローマやエジプトの古代遺跡から世紀末パリのにぎやかな街角まで、その時々の風景画のスタイルや楽しみ方をご紹介しました。

  • 会期:2021年4月24日(土曜日)から2021年6月27日(日曜日)まで
    【前期】2021年4月24日(土曜日)から2021年5月23日(日曜日)まで
    【後期】2021年5月25日(火曜日)から2021年6月27日(日曜日)まで
    前期・後期で一部展示替えします。
  • 休館日:毎週月曜日、2021年5月6日(木曜日)
    ただし2021年5月3日(月曜日・祝日)は開館
  • 会場:町田市立国際版画美術館企画展示室1、2

注記:緊急事態宣言の発出に伴い、町田市立国際版画美術館は、2021年4月25日(日曜日)から2021年5月31日(月曜日)まで、臨時休館しました。

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください

このページの担当課へのお問い合わせ
文化スポーツ振興部 文化振興課

電話:042-724-2184

ファックス:050-3085-6554

WEBでのお問い合わせ