このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の 文化芸術情報 の中の 文化施設 の中の 市立博物館 の中の 滑稽探索 田河水泡の研究とコレクション のページです。

本文ここから

滑稽探索 田河水泡の研究とコレクション

更新日:2018年1月23日

展覧会概要

歌川国芳「み可けはこはゐがとんだいい人だ」(館蔵)

身寄りのない捨て犬の野良犬黒吉が、へまや失敗を繰り返しながら元気いっぱいに生きていく漫画『のらくろ』は、1931年から『少年倶楽部 1月新年特大号』にて連載がはじまり、10年以上にわたる長期連載となって一世を風靡しました。この『のらくろ』をはじめ『たこの八ちゃん』『凸凹でこぼこ黒兵衛くろべい』など次々と人気漫画を描いた作者の田河水泡たがわすいほう(本名:高見澤仲太郎 1899-1989)は現在の墨田区立川に生まれ、町田で晩年を過ごしました。長く滑稽を描く仕事に携わってきた水泡は滑稽とは何か、どうして滑稽と感ずるのかなどを調べてみたいと思うようになり、その研究は『滑稽の構造』(講談社、1981年)と題され出版されました。また、日本の滑稽史を探る研究は『滑稽の研究』(講談社、1987年)として世に出ました。水泡は滑稽研究のために、江戸時代から昭和にかけての、滑稽を描いた浮世絵や草双紙、風刺画などを数多くコレクションしていました。こうした作品や資料は研究が一区切りした後、地元・町田市の博物館である当館へと寄贈されました。
本展覧会では田河水泡の歩みやコレクションを紹介しながら、その研究をたどります。

展覧会情報

会期

2017年11月18日(土曜日)から2018年1月21日(日曜日) ※会期中一部展示替えあり

  • 前期展示:2017年11月18日(土曜日)から12月10日(日曜日)
  • 中期展示:2017年12月12日(火曜日)から12月27日(水曜日)
  • 後期展示:2018年1月5日(金曜日)から1月21日(金曜日)

開館時間

午前9時から午後4時30分

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日火曜日休館)、年末年始(12月28日から1月4日)

入館料

一般300円(中学生以下無料、障がい者半額)

主催

町田市立博物館

協力

江東区森下文化センター 田河水泡・のらくろ館

館内イベント

  • 町田市立博物館2階講堂へは階段のみでエレベーターはありません。
  • なるべく公共交通機関をご利用のうえご来館ください。

講演会「田河先生の門下になって」(終了しました)

  1. 日時:12月17日(日曜日)午後2時から3時30分
  2. 講師:漫画家 山根青鬼氏
  3. 会場:町田市立博物館2階講堂
  4. 定員:60名(予約不要、当日先着順)
  5. 費用:参加費不要、高校生以上要入館料

講演会「滑稽の研究の現在」(終了しました)

  1. 日時:1月14日(日曜日)午後2時から3時30分
  2. 講師:東京工芸大学教授 細萱敦氏
  3. 会場:町田市立博物館2階講堂
  4. 定員:60名(予約不要、当日先着順)
  5. 費用:参加費不要、高校生以上要入館料

落語会「元犬」「芝浜」(終了しました)

  1. 日時:12月3日(日曜日)午後2時から4時
  2. 出演:遊興亭福し満
  3. 会場:町田市立博物館2階講堂
  4. 定員:50名(申込順)
  5. 費用:参加費不要、高校生以上要入館料
  6. 申し込み:11月8日(水曜日)正午より町田市イベントダイヤルにて募集開始(先着順)
  • 電話での申し込み:042-724-5656(午前7時から午後7時、受付初日は正午から)
  • ウェブでの申し込み:下記リンクから(24時間、受付初日は正午から)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ウェブからの申し込みはこちら(終了しました)

ギャラリー・トーク(担当学芸員による展示解説)

  1. 日程:11月25日(土曜日)、12月2日(土曜日)、12月10日(日曜日)、2018年1月6日(土曜日)、1月21日(日曜日)
  2. 時間:午後2時から2時30分
  3. 会場:町田市立博物館1階展示室
  4. 定員:各回20名(予約不要、当日先着順)
  5. 費用:参加費不要、高校生以上要入館料

博物館で年中行事「UVレジンでクリスマスオーナメントを作ろう」(終了しました)

制作例

  1. 日時:12月2日(土曜日)(1)午前10時から11時30分(2)午後2時から3時30分※いずれも内容は同じ
  2. 会場:町田市立博物館2階講堂
  3. 対象:小学生以上(小学生の場合は保護者同伴のこと、保護者は見学のみも可)
  4. 定員:各回16名(申込順)
  5. 費用:1000円(当日支払い)
  6. 持ち物:エプロン、あれば直径1から5ミリのビーズやスパンコール
  7. 申し込み:11月8日(水曜日)正午から町田市イベントダイヤルにて募集開始(先着順)
  • 電話での申し込み:042-724-5656(午前7時から午後7時、受付初日は正午から)
  • ウェブでの申し込み:下記リンクから(24時間、受付初日は正午から)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(1)午前の部:ウェブからの申し込みはこちら(終了しました)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(2)午後の部:ウェブからの申し込みはこちら(終了しました)

マルのつく日は缶バッジ・デイ

滑稽探索展オリジナル缶バッジ 滑稽探索展オリジナル缶バッジ

各展覧会の内容にちなんだ町田市立博物館オリジナル缶バッジを御観覧者先着20名(1人1日1個限定)に差し上げます。5個集めた方にはさらに特大プレミアム缶バッジを進呈します。

  • 開催日:11月21日(火曜日、11月30日(木曜日)、12月10日(日曜日)、12月20日(水曜日)、2018年1月10日(水曜日)、1月20日(土曜日)

※デザインは日替わりになります

主な展示作品

小林清親「酒機嫌十二相之内 機嫌の宜なる酒癖」

歌川国芳「子ども阿そび百ものがたり」

交通アクセス

町田市立博物館

  • 所在地:〒194‐0032東京都町田市本町田3562
  • 電話:042-726-1531

バスでお越しの方

  • 町田駅(JR横浜線・小田急線)から

小田急線「町田駅」西口の「町田バスセンター」11番乗り場から、「藤の台団地」行き・「鶴川団地」行き・「鶴川駅」行きバスで、「市立博物館前」下車、徒歩7分。日中は1時間に6から10本運行(平日、土曜日、休日とも)。乗車時間11分(通常時)。

  • 鶴川駅(小田急線)から

北口の0番乗り場から「町田バスセンター」行きバス(2017年3月21日より「町田駅」行きから「町田バスセンター」行きに変更になりました)で、「市立博物館前」下車、徒歩7分。乗車時間約15分(通常時。バスの系統により異なります。)
※本数があまり多くないので注意してください。

  • 玉川学園前駅(小田急線)から

北口の玉川学園前バス乗り場から、町田市地域コミュニティバス(玉ちゃんバス)・北ルートで、「朝日公園」下車、徒歩約15分。乗車時間約10分(通常時)。
※本数があまり多くないので注意してください。

駐車場

9台(博物館と遺跡公園の間にあります)

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
文化スポーツ振興部 文化振興課 博物館
電話:
042-726-1531
FAX:
042-723-3406

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)