将棋作品をひもとく! “読む将”のススメ展(4月29日から6月26日)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年4月1日

将棋作品をひもとく! “読む将”のススメ展

『それでも歩は寄せてくる』 (c)山本崇一朗/講談社

今、再ブームを迎えている将棋。自分では指さずに観戦を楽しむ「観る将」をはじめ、読み物を通して将棋を楽しむ「読む将」や「描く将」「書く将」「撮る将」など、将棋の新たな楽しみ方が生まれています。マンガやライトノベルの作品が人気を博し、大崎善生『聖の青春』や瀬川晶司『泣き虫しょったんの奇跡』など映画化される作品も生まれ、これらをきっかけに将棋に関心を持つ人も増えています。
そもそも文学と将棋の関わりは深く、近代文学の誕生以来、幸田露伴、菊池寛、江戸川乱歩、井伏鱒二、織田作之助、山口瞳など多くの作家が将棋に関心を寄せ、同時代の将棋界の動向も反映しながら、小説や随筆、評論、短歌など様々なジャンルの文学作品を生み出してきました。
本展では、近代以降の将棋を題材とした文学作品の歴史を追い、作家の原稿や取材メモ、愛用の駒、マンガ原画などの多彩な資料を展示します。将棋好きの方はもちろん、よく知らない方にとっても楽しめる将棋作品をご紹介し、みなさんを“読む将”の世界へとご招待します。

会期

2022年4月29日(金曜日・祝日)から6月26日(日曜日)
新型コロナウイルス感染症の拡大状況により会期が変更になる場合があります

休館日

毎週月曜日、5月12日(木曜日)、6月9日(木曜日)

観覧時間

午前10時から午後5時

観覧料

無料

主催

町田市民文学館ことばらんど

協力

公益社団法人 日本将棋連盟

主な展示作品

関連イベント

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど

電話:042-739-3420

ファックス:042-739-3421

WEBでのお問い合わせ

所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田4丁目16番17号