このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 文化・スポーツ の中の
  3. 文化芸術情報 の中の
  4. 文化施設 の中の
  5. 町田市民文学館 ことばらんど の中の
  6. 展覧会情報 の中の
  7. ことばらんどお宝紹介(1階文学サロンミニ展示コーナー) のページです。
本文ここから

ことばらんどお宝紹介(1階文学サロンミニ展示コーナー)

更新日:2019年11月14日

ことばらんどお宝紹介

町田市民文学館ことばらんどでは、2006年の開館以来、町田ゆかりの作家の自筆原稿や旧蔵品、絵本の原画などをはじめ様々な文学資料を収集してきました。その中の一部はこれまでに2階展示室で開催する企画展で展示されましたが、地下にある収蔵庫にはまだお披露目されていない資料も多くあります。「ことばらんどお宝紹介」は、こうした収蔵品の中から、市民の皆様にぜひご覧いただきたい資料を順次公開するミニ展示シリーズです。1階文学サロンで行う展示ケース1台分の小さなコーナーですが、普段は目にすることのできない貴重な資料をご紹介していますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

開催中:西村宗・サラリ君―サラリ君とみる昭和と平成―展

「産経新聞」2009年11月12日掲載

シリーズ第9弾は、町田市在住の漫画家・西村宗さん(1936- )の4コマ漫画「サラリ君」を中心とした貴重な原画を初公開します。
サラリーマン勤めをしている主人公・サラリのぼるを中心とした登場人物たちの日常を描いた4コマ漫画「サラリ君」は、1980年から2010年まで30年にわたり産経新聞で連載されました。妻・咲子、長女・のりこ、長男・たけし、母・すみ、猫のタマと犬のシロの5人と2匹で暮らす庶民的なサラリーマン、サラリ君とその家族の日常を通して昭和と平成をふりかえります。

  • 会期

第1期 昭和:10月29日火曜日~11月24日日曜日
第2期 平成:11月26日火曜日~12月28日土曜日

  • 開催時間:9時~22時
  • 観覧料:無料
  • 会場:文学館1階 文学サロンスペース
  • 休館日:祝日を除く毎週月曜日、毎月第二木曜日

「西村宗・サラリ君」展は、ケース1台のほか壁面も使用し、1期と2期合わせて原画約80点を公開します。この機会に、ぜひお立ち寄りください。

西村宗(にしむら そう)

似顔絵(2005年)

1936年生まれ。大阪府泉大津市出身。町田市在住。

高校在学中の1951年「トンマ君」でデビュー。漫画の師匠はサトウサンペイ。1962年明治大学農学部農芸化学科を卒業し、7年間のサラリーマン生活を経て再び漫画家になる。1980年から2010年まで産経新聞で連載された「サラリ君」のほか「アッサリ君」(週刊読売)、「バイオ博士のびっくり研究室」(朝日中学生ウイークリー)など多くの作品を発表。

第31回文藝春秋漫画賞、第29回日本漫画家協会賞・優秀賞受賞。アメリカ本部より国際ロータリークラブ職業奉仕リーダーシップ賞を受賞。

今後の予定

  • 2020年1月5日から3月15日:没後40年・桜田常久展

※名称、会期は都合により変更させていただく場合がございます。

これまでに開催した展示

  • 第1弾:エッセイの名手・遠藤周作
  • 第2弾:青柳寺・八幡城太郎豆本コレクション
  • 第3弾:ホテルを舞台にした小説-森村誠一コレクション
  • 第4弾:文豪たちの自筆原稿-産経新聞掲載記事から
  • 第5弾:街頭紙芝居がやってきた!
  • 第6弾:わたなべゆういち「ねこざかな」シリーズ絵本原画ミニ展示
  • 第7弾:新収蔵資料・遠藤周作「共犯者」自筆原稿
  • 第8弾:神蔵器展

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
生涯学習部 図書館 町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)