展覧会年間予定

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月29日

2020年度展覧会年間予定

※2020年度に予定しておりました「のりもの絵本展」「安野光雅展」「浅生ハルミン展」は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため延期となりました。楽しみにしていた皆さまには大変申し訳ありませんがご理解をお願い申し上げます。

春の企画展:東京クロニクル1969-2020展-オリンピックと東京をめぐる創造力の半世紀-

  • 2020年4月25日(土曜日)から2020年6月28日(日曜日)まで → 2020年6月9日(火曜日)から8月10日(月曜日・祝日)

1964年のオリンピック開催から56年、「東京」は大きく変貌を遂げ、その姿は創作者たちに様々なインスピレーションを与え続けてきました。そして、私たちひとりひとりも、それぞれに異なる「東京」の姿を心に宿しています。2020年度春の展覧会では、「東京」という都市を舞台に紡がれた小説やエッセイ、ルポルタージュなどの文学作品や、グラフ雑誌、記録写真、映像。美術作品を手掛かりに、そこに表現された「東京」のイメージやテーマ、書き留められた風俗や事象を解読します。半世紀の間に蓄積された「東京」の姿に共通項や普遍性を見出し、改めてこの都市が与える創造性の秘密に迫ります。

※4月25日(土曜日)から予定しておりました「東京クロニクル1964-2020展-オリンピックと東京をめぐる創造力の半世紀」は、新型コロナウィルス感染症拡大防止により6月8日(月曜日)まで 臨時休館のため会期を変更いたしました。新しい会期は6月9日(火曜日)から8月10日(月曜日・祝日)までです。

20×20 原稿用紙展

  • 【前期】2020年9月19日(土曜日)から12月20日(日曜日)まで
  • 【後期】2021年1月9日(土曜日)から3月28日(日曜日)まで

前期と後期の間に、展示資料の一部展示替えを行います。

明治・大正・昭和、かつて作家の机の上には常に原稿用紙が置かれていました。本展は2020年に掛けて、原稿用紙と自筆原稿の魅力に迫る展覧会です。
当館が所蔵する100名を超える作家の自筆原稿から選りすぐりの原稿をご覧いただくとともに、“原稿用紙”をテーマにしたプロダクトや作品を展示します。

2020 ニコニコ絵本原画展

  • 【前期】2020年9月19日(土曜日)から12月20日(日曜日)まで
  • 【後期】2021年1月9日(土曜日)から3月28日(日曜日)まで

前期と後期の間に、展示資料の展示替えを行います。

町田市には多くのゆかりの絵本作家がいます。本展は当館が所蔵する絵本原画の中から、みんなが思わず笑顔になれるような作品を展示する絵本原画展です。

注記

  • 会場はすべて町田市民文学館ことばらんど2階展示室です。
  • 展覧会の名称、会期は都合により変更する場合があります。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど

電話:042-739-3420

ファックス:042-739-3421

WEBでのお問い合わせ