このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の 文化芸術情報 の中の 文化施設 の中の 町田市民文学館 ことばらんど の中の イベント情報 の中の 一般向けイベント の中の 町田市民文学館・まちだ雑学大学共催講演会「『御伽草子』の挿絵は語る」 のページです。

本文ここから

町田市民文学館・まちだ雑学大学共催講演会「『御伽草子』の挿絵は語る」

更新日:2019年2月5日

「御伽草子」の挿絵は語る~物語の中の排除と逸脱~

古くから語り継がれてきた昔話は、鎌倉時代の末頃から江戸時代にかけて「御伽草子おとぎぞうし」として文芸化されました。今回はその中から「鬼」が登場する代表的な物語「一寸法師」「酒呑童子しゅてんどうじ」をとりあげ、描かれた挿絵を手がかりにして物語に潜む主題を読み解きます。あわせて、昔話に描かれた日本人の心の在りようを考えます。

  • 日時:2019年3月24日(日曜日)14時00分~15時30分(開場:13時30分)
  • 会場:町田市民文学館2階大会議室
  • 定員:70名(申込順)※定員に達し次第、申込を締め切ります
  • 申込方法:

 【電話の場合】町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)へ
 (受付時間:7時00分~19時00分※申込初日のみ正午から)
 【webの場合】町田市イベントシステムでイベシス(イベントコード:190305A)へ
 (24時間申込可能※申込初日のみ正午から)

  • 申込期間:3月5日正午~3月21日

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Web(イベシス)からの申込はこちら(3月5日正午から)

講師プロフィール

今尾佳生氏

今尾 佳生いまお よしお
1964年、東京生まれ。1989年、玉川大学大学院文学研究科修了。1993年、カリフォルニア大学にて教育学修士取得。1993年より玉川大学に勤務し、現在、玉川大学教育学部教授。専門は教育社会学、教育民俗学。2013年より稲城市教育委員会文化財保護審議委員を務める。主な著書として『中世説話における動物の生命』、共著に『教育の歴史(日本編)』『教育の思想(日本編)』など。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
生涯学習部 図書館 町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)