講演会「文学の中の将棋」

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年4月15日

将棋を題材とした小説や評論、随筆、作家による観戦記などを通して、近代文学と将棋の関係についてお話しいただきます。

  • 日時:5月28日(土曜日)午後2時から3時30分
  • 講師:小谷瑛輔(明治大学准教授)
  • 会場:町田市民文学館ことばらんど2階大会議室
  • 定員:50名(申込順)
  • 申込
    1次受付:4月15日(金曜日)正午から18日(月曜日)午後7時までイベシスで受付(イベントコード:220419G)
    2次受付:4月19日(火曜日)正午からイベシス及びイベントダイヤル(電話:042-724-5656)で受付

講師プロフィール

小谷こたに 瑛輔えいすけ

1982年、兵庫県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。博士(文学)。富山大学人文学部准教授などを経て、2019年4月から明治大学国際日本学部准教授。
著書に『小説とは何か?芥川龍之介を読む』(2017年 ひつじ書房)、共著に『テクスト分析入門』(2016年 ひつじ書房)、『芥川龍之介ハンドブック』(2015年 鼎書房)などがある。2016年より、将棋と日本文学の関係について幅広い視点から明らかにしていくことを目指し、「将棋と文学研究会」を主宰。論文集「将棋と文学スタディーズ」(2019年 将棋と文学研究会)は富山大学学術情報リポジトリにて公開されている。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど

電話:042-739-3420

ファックス:042-739-3421

WEBでのお問い合わせ

所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田4丁目16番17号