このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

これさえ読めば明治が分かる!小森陽一と読む近代文学

更新日:2019年4月18日

これさえ読めば明治が分かる!小森陽一と読む近代文学

日本文学者の小森陽一氏と共に、明治時代の主要な文学作品を読み解いていきます。二葉亭四迷著『浮雲』、尾崎紅葉著『金色夜叉』、夏目漱石著『それから』の3つを取り上げ、それぞれの概要や発表された時代背景などについてお話しいただきます。

  • 講師:小森陽一氏(日本文学者)
  • 日時:2019年6月14日、28日、7月12日(金曜日)午前10時から正午(全3回)※開場:午前9時30分
  • 会場:文学館2階大会議室
  • 参加費:無料
  • 対象:3回とも参加できる一般の方(市内外問わず)
  • 定員:50名(応募者多数の場合は抽選)
  • 申込み:往復はがき(1人1枚)に講座名・ご自身の氏名とふりがな・ご住所・お電話番号・年代を明記し、5月23日(木曜日)必着で町田市民文学館まで
  • 申込み先:〒194‐0013町田市原町田4丁目16番地17号町田市民文学館ことばらんど
  • その他:取り扱う作品の本は、各自でご用意ください。講座は岩波文庫版を元に進めますが、お手持ちのものでも構いません。メモを取るための筆記用具は毎回ご持参ください。

講師プロフィール

小森陽一(こもり・よういち)
1953年、東京都生まれ。日本文学者、「九条の会」事務局長。北海道大学大学院文学研究科国語国文学専攻博士後期課程退学。成城大学文芸学部助教授、東京大学教養学部助教授を経て、1998年から2019年まで同大学院総合文化研究科教授。主な著書に『子規と漱石友情が育んだ写実の近代』(2016年・集英社新書)、『13歳からの夏目漱石生誕百五十年、その時代と作品』(2017年・かもがわ出版)、『コモリくん、ニホン語に出会う』(2017年・角川文庫)、『戦争の時代と夏目漱石明治維新150年に当たって』(2018年・かもがわ出版)など。

小森陽一氏

その他のイベント情報はこちら

町田市民文学館へのアクセスはこちら

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
生涯学習部 図書館 町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

所在地:194-0013東京都町田市原町田4丁目16番17号