植村愛音「手製本体験 詩集づくりワークショップ」(6月12日)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年4月15日

植村愛音「手製本体験 詩集づくりワークショップ」

本の構造を学び制作するワークショップです。
針と糸を使って一つ折り中綴じ本を2冊、手製本工房「ヨンネ」の植村愛音先生と一緒に制作しましょう。
出来上がった本には、展覧会を鑑賞して印象に残った詞や自分で創作した詩を書き留めて、自分だけの詩集にしましょう。
パンフレットステッチとチェーンステッチの2種類の綴じ方を実践できます。

  • 講師:植村愛音(「古本と手製本ヨンネ」主宰)
  • 日時:6月12日(土曜日)午前10時から午後3時
  • 会場:町田市民文学館ことばらんど2階大会議室
  • 参加費:1000円(材料費)
  • 持ち物:カッター、カッターマット(A4)、目打ち、はさみ、金物定規(30cm)、筆記用具

注記:お好きな紙を表紙にしたり、本文ページとして綴じこむことも可能です。ご希望の方は、上記のほかにA4サイズの紙を数枚ご持参ください。

  • 定員:15人(申込順)
  • 申込み:【1次受付】5月1日(土曜日)、正午から17日(月曜日)午後7時 イベシス(インターネット)コード:210518B

【2次受付】5月18日(火曜日)から6月10日(木曜日) イベントダイヤル(電話:042-724-5656)午前7時から午後7時まで(ただし、18日は正午から)
イベシス 24時間受付(ただし、18日は正午から、最終日は午後11時59分まで)

プロフィール

植村愛音うえむらあいね

1977年東京生まれ。書店、図書館、印刷会社の勤務の中で、「本を作ること」「本を修理すること」に興味をもち、2007年から「手製本工房まるみず組」で手製本の技術について学ぶ。2011年から「古本と手製本ヨンネ」として活動。手製本教室などのワークショップを定期的に開催しながら、本の修理や少部数受注製本も行う。

イベント開催時の新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

  • 文学館の取り組みについて
  1. 職員の検温・体調管理の徹底
  2. 会場の換気と、テーブルやいすなど参加者が触れる場所の消毒
  3. 参加者数の制限と、ソーシャルディスタンスの確保
  • ご参加希望の方へ
  1. ご来場時、講座参加時はマスクの着用をお願いします。
  2. 会場入り口にて手指のアルコール消毒をお願いします。
  3. 入室時に非接触型の機器により検温をさせていただきます。
  4. 原則として事前予約いただいた方のみ入室可とさせていただきます。

注記:感染症拡大状況により、やむをえず講座内容を変更または開催を中止させていただく場合があります。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど

電話:042-739-3420

ファックス:042-739-3421

WEBでのお問い合わせ

所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田4丁目16番17号