このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 文化・スポーツ の中の
  3. 文化芸術情報 の中の
  4. 文化施設 の中の
  5. 町田市民文学館 ことばらんど の中の
  6. イベント情報 の中の
  7. 一般向けイベント の中の
  8. 白洲正子展イベント、阿川佐和子×青柳恵介「わたしが見た白洲正子」 のページです。
本文ここから

白洲正子展イベント、阿川佐和子×青柳恵介「わたしが見た白洲正子」

更新日:2019年10月18日

【対談】阿川佐和子×青柳恵介「わたしが見た白洲正子」

インタビューの名手・阿川佐和子氏が触れた白洲正子の素顔を、正子と親交の深かった青柳氏が聞き出します。また、阿川さんのライフスタイルについてもお話いただきます。

  • 登壇:阿川佐和子(作家)、青柳恵介(古美術評論家)
  • 日時:2019年12月7日(土曜日)午後2時から3時30分
  • 会場:町田市民文学館ことばらんど2階大会議室
  • 参加費:無料、ただしイベント参加には展覧会のチケットまたはチケットの半券(当日のものでなくても可)の提示が必要です
  • 対象:一般
  • 定員:80名(応募多数の場合は抽選)

申込み

往復はがき(1人1枚)に、(1)イベント名(2)氏名とふりがな(3)住所(4)電話番号(5)年代を明記し11月15日(金曜日)必着で町田市民文学館までお送り下さい。後日、文学館から抽選結果を返信します。
送付先:町田市民文学館ことばらんど(〒194-0013、東京都町田市原町田4丁目16番17号)
※切手料金や記載面にご注意ください

プロフィール

写真:枦木 功

阿川 佐和子(あがわ さわこ)
1953年、東京都生まれ。作家。慶應義塾大学文学部卒業。1981年に「朝のホットライン」にリポーターとして出演、1998年より「ビートたけしのTVタックル」で進行役を務めるなど、数々の番組でキャスター、司会等を務める。1999年、小説『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞を受賞。2012年、エッセイ『聞く力』がベストセラーとなる。2014年、週刊文春の連載対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」が連載1000回を達成し、第62回菊池寛賞を受賞。白洲正子とは1998年3月5日号で対談している。

青柳 恵介(あおやぎ けいすけ) 
1950年、東京都生まれ。古美術評論家、国文学研究者。
成城大学大学院博士課程修了(国文学専攻)。成城学園教育研究所勤務。成城大学、東京海洋大学非常勤講師も務める。
白洲正子と親交を結び、旅行や骨董屋めぐりにしばしば同行した。没後刊行された『白洲正子全集』では編集委員を務める。主な著書に『風の男 白洲次郎』(新潮社 1997)、『柳孝骨董一代』(新潮社 2007)ほか、共著に『白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人』(新潮社 2008)、『白洲正子のきもの』(新潮社 2012)ほか多数

「白洲正子のライフスタイル―暮らしの遊び」展の情報はこちら

その他のイベント情報はこちら

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

所在地:〒194-0013、東京都町田市原町田4丁目16番17号