このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の 文化芸術情報 の中の 文化施設 の中の 町田市民文学館 ことばらんど の中の イベント情報 の中の 一般向けイベント の中の 6月24日(土曜日)沢野ひとし×木村晋介対談「ぼくらは一緒に大人になった」 のページです。

本文ここから

6月24日(土曜日)沢野ひとし×木村晋介対談「ぼくらは一緒に大人になった」

更新日:2017年4月20日

沢野ひとし×木村晋介対談「ぼくらは一緒に大人になった」

中学時代の同級生だったことからその後も交友が続き、大学時代には共同生活を送り、社会人になってからは「本の雑誌」誌上の「発作的座談会」で椎名氏や目黒氏と息のあったトークを繰り広げ、人気を博したお二人に、様々なエピソードから、人生を愉しむ秘訣をお話いただきます。前半には、木村氏が新作落語「椎名の手」をご口演します。

沢野ひとし

木村晋介

  • 対談:沢野ひとし(イラストレーター)、木村晋介(弁護士)
  • 日時:2017年6月24日(土曜日)14時から15時30分
  • 場所:町田市民文学館2階大会議室
  • 参加費:無料
  • 定員:80名(申込順)
  • 申込み:5月16日(火曜日)正午から町田市イベントダイヤルで受付。

電話でのお申込み:042-724-5656(午前7時から午後7時まで)
ウェブでのお申込み:下記リンクから(24時間受付)

  • イベントコード:170516B

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ウェブでのお申込みはこちらから(5月16日正午から)

プロフィール

沢野ひとし(さわの・ひとし)
イラストレーター、エッセイスト。1944年、名古屋生まれ。高校時代から椎名誠と交友を持つ。法政大学中退後児童書出版のこぐま社に15年務めた後フリーに。「本の雑誌」2号より、表紙・本文挿絵を担当。独特の絵が人気となり「ワニ眼画伯」と呼ばれた。書籍の挿絵のほかエッセイや小説、絵本も執筆。第22回講談社出版文化賞さしえ賞を受賞。町田市在住。

木村晋介(きむら・しんすけ)
弁護士、エッセイスト。1945年、長崎生まれ。沢野ひとしとは中学時代からの友人で、大学時代に沢野氏の紹介で椎名誠と知り合う。「本の雑誌」に1983年から参加し、椎名誠、目黒考二、沢野ひとしらとの「発作的座談会」で人気を博した。

「本の雑誌厄よけ展-オモシロ本を求めて42年」の情報はこちら

その他イベント情報はこちら

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

所在地:〒194-0013、東京都町田市原町田4丁目16番17号