このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

小学生対象「秋の子ども俳句教室」

更新日:2019年7月5日

「ハイク」しながら「俳句」を作る連続講座。市内外の公園や施設を散策しながら季語を探し、それを元に五・七・五の俳句を作ります。初めて挑戦する人でも、講師の解説で、すぐに俳句が作れるようになります。文学館で楽しく俳句を学びましょう。

講師

市村栄理氏(俳人)、庄原明美氏(俳人)

日時

2019年9月21日、10月19日、11月16日(土曜日)午前9時から正午の全3回
注記:参加の難しい日程がある場合は、お問合せください。

会場

文学館に集合後、マイクロバスで散策地へ移動(9月は寺家ふるさと村、10月はひなた村、11月は薬師池公園)

町田市民文学館へのアクセス

対象

9月の時点で小学生の児童(市内外問わず)

定員

12名(申込順)

参加費

無料

申込み

2019年8月15日(木曜日)午前9時から、電話で文学館まで(電話:042-739-3420)
注記:定員に達し次第、申込みを締め切らせていただきます。

持ち物

筆記用具、帽子、水筒(肩に掛けられるもの)

その他

当日の受付は午前8時45分から文学館1階サロンで行います。屋外で活動するため、長袖・長ズボンなどの服装でお越しください。雨天決行。

散策の様子

講評の様子

講師プロフィール

市村栄理いちむらえり

東京都生まれ。大学・大学院を通じ俳文学者の尾形仂氏に師事し、近世江戸俳諧を研究。大学院在学中に鍵和田ゆう(禾に由)子氏と出会い、1985年、俳句結社「未来図」入会。大学院修了後、私立中学高校の教員を務めたのち渡米。1988年、「未来図新人賞」を受賞。1999年に「未来図」同人となり、2017年に「未来図賞」を受賞。現在、成城大学文芸学部国文学科非常勤講師、「未来図」編集同人、俳人協会幹事、俳文学会会員。句集に『冬銀河』(2015年・本阿弥書店)。

庄原明美しょうばらあけみ

岡山県生まれ。短期大学の国文科を卒業後、数年間の書店勤務。図書館司書・同司書教諭の資格を持つ。現在、俳句結社「未来図」同人、俳人協会会員。「町田俳句友の会」、「未来図」鶴川句会に所属。句集に『祖の山河』、『雪解川』(どちらも2012年・私家版)がある。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
生涯学習部 図書館 町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

所在地:194-0013東京都町田市原町田4丁目16番17号