特別展「石阪昌孝ー豪放磊落な民権家の生涯ー」

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月26日

開催にあたって

1916(大正5)年、石阪昌孝の顕彰碑が八王子招魂社(現富士森公園)に建立されました。除幕式で読まれた板垣退助の「式辞」には、次のような評価があります

“志が大きく、他の束縛そくばくを受けず、人と群れない”

もくだが、発言は人を納得させる”

ごう・不屈で欲が少ない”

また、豪快な文字が特徴的な野津田神社ののぼりには、5升の酒を呑んで書き上げたとの言い伝えも残っています。昌孝の「豪放磊落」(度量が大きく、些細なことにこだわらない)のイメージは、同時代を生きた人びとのものでもあったことが分かるでしょう。

天保12(1841)年、多摩郡野津田村に生まれた昌孝は、17歳で家督・名主職を継ぎ、幕末に地域指導者として奔走しました。文明開化期にも地域行政の要職を歴任し、儒教的価値観と西洋的価値観を織り交ぜながら教育や地方行政の刷新による遺風の打破、地域秩序の再編を目指して試行錯誤します。明治10年代に入ると、初代の神奈川県会議長に選出されたのち、神奈川県有志の団結をめざして武相懇親会を催し、政治結社融貫社を結成。自由党入党後は党中央の常議員を務めるなど、神奈川県の自由民権運動のりょうしゅうとなります。

また、第一回総選挙で当選。以来4期連続衆議院議員を務め関東の自由党内で存在感を発揮し、代議士引退後は群馬県知事を務めます。長きにわたる政治運動で散財し屋敷も手放す、「井戸塀政治家」の典型のような生き方でした。それでも、「野津田の自慢は何だんべぇ石阪昌孝あったこと」と歌い継がれ、屋敷跡の裏山に立つ彼の墓が現在まで守られてきたように、没後も地元で慕われてきました。
激動の時代に地域秩序再編に尽力した地域指導者が、民権運動に奔走し国政へと飛び込んでいくという彼の人生は、日本の近代化の有り様の一端を垣間見せてくれます。本年は石阪昌孝の生誕180年であるとともに、自由民権運動最高潮の年とされる1881(明治14)年から140年、町田市立自由民権資料館開館35周年にあたります。この機会に、市域を代表する豪農民権家である彼の人生を通して、自由民権運動や幕末から明治期の地域社会のありようを考えます。

会期

2021年10月9日(土曜日)から11月28日(日曜日)
展示準備のため、10月5日(火曜日)から8日(金曜日)まで臨時休館します。

休館日

月曜日

開館時間

午前9時から午後4時30分

会場

自由民権資料館企画展示室

関連イベント情報

記念講演会

  • 演題:「石阪昌孝の思想ー幕末から民権期までの軌跡を意味づける」(仮題)
  • 日時:10月17日(日曜日) 午後2時から午後4時
  • 講師:鶴巻孝雄氏(町田市文化財保護審議会委員)
  • 会場:町田市立中央図書館 6F ホール
  • 定員:50名(申し込み順)

申し込み

10月1日(金曜日)正午から10月5日(火曜日)午後7時まで、町田市イベント申込システム「イベシス」で(イベントコード211006A-A)
10月6日(水曜日)正午から電話でイベントダイヤル(電話:042-724-5656)または、町田市イベント申込システム「イベシス」で(イベントコード211006A-A)へお申し込みください。

石阪昌孝ゆかりの地巡見ツアー

石阪昌孝にゆかりのある寺院や史跡などをめぐり、当館学芸員による解説をおこないます。

1回目 野津田コース

  • 日時:10月24日(日曜日) 午前9時30分から午後0時30分
  • 集合・解散場所:自由民権資料館
  • 定員:20名(申し込み順)
  • 参加費:100円
  • 予定コース:自由民権資料館(凌霜館跡地)、野津田神社(石阪昌孝奉納灯篭)、石阪昌孝墓、ぼたん園(石阪昌孝屋敷跡・自由民権の碑)、石阪昌孝生家、華厳院(小野郷学教場)、野津田公民館(石阪昌孝が敷地提供)、野津田学校跡 (計約3キロメートル)

2回目 原町田コース

  • 日時:11月3日(水曜日・祝) 午前9時30分から午後0時30分
  • 集合・解散場所:まほろデッキ(JR横浜線町田駅北口)
  • 定員:20名(申し込み順)
  • 参加費:100円
  • 予定コース:浄運寺(大須賀明墓)、警察分署跡(大正堂第2ビル)、老沼活版所跡(ぽっぽ町田)、吉田屋跡(武相懇親会会場)、勝楽寺(融貫社演説会会場)、町田市立中央図書館(渋谷三郎家跡・融貫社事務所)、町田天満宮(石阪揮毫の額)、宗保院(明治31年自由党演説会場)、青柳寺(武相困民党碑)(計約3キロメートル)

3回目 八王子コース

  • 日時:11月23日(火曜日・祝)) 午前9時30分から午後0時30分
  • 集合・解散場所:八王子駅南口
  • 定員:20名(申し込み順)
  • 参加費:100円
  • 予定コース:小野路街道(=八王子駅南口前「野猿街道」)、長心寺(広徳館跡)、本立寺(南多摩郡凱旋祝賀会打合せ会場)、石阪昌孝顕彰碑・招魂社跡(富士森公園)、観音寺(秋山義方・佐蔵父子墓)(計約3キロメートル)

申し込み

各回とも
10月6日(水曜日)正午から電話でイベントダイヤル(電話:042-724-5656)または、町田市イベント申込システム「イベシス」で(イベントコード211006B-A野津田コース、211006B-B原町田コース、211006B-C八王子コース)へお申し込みください。

自由民権資料館のご案内

自由民権資料館への交通案内などはこちらから

自由民権資料館の利用方法などはこちらから

関連情報

常設展の案内についてはこちら

町田市域の民権家(石阪昌孝・村野常右衛門・青木正太郎・細野喜代四郎)や結社についてはこちら

自由民権資料館で販売している刊行物の購入方法についてはこちら

キッズページの自由民権資料館案内

自由民権資料館についてわかりやすく紹介しているよ。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市立自由民権資料館

電話:042-734-4508

ファックス:042-734-4546

WEBでのお問い合わせ