新たな生活スタイルで困った!障がい者のあるあるを大募集!&投稿発表!

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月24日

障がい者、家族、支援者の方など、新たな生活スタイルの中で直面した日常の問題や、その解決に結びついたアイデアを募集します。
いただいた情報は、町田市生涯学習センター市民大学プログラム委員の桜美林大学准教授谷内孝行氏にコメントをいただき、生活しやすい情報を皆さんで共有します。

投稿発表

たくさんの投稿をいただきましたので、ご紹介します。

7月30日公開

6月24日公開

コメント講師紹介

町田市生涯学習センター市民大学プログラム委員
桜美林大学健康福祉学群准教授
谷内孝行氏

募集テーマ

「新たな生活スタイルで困った!障がい者のあるあるを大募集!」
その一例:感染拡大防止で、スーパーのレジに透明のシートが貼ってあるけど、視覚障がいの僕にはシートの存在がわかりづらくて、お金の置き場所もわからないんだよね。色の付いたビニールテープを貼ってもらえるとわかりやすい!

応募方法

  1. 電子メール
    電子メールにて応募先メールアドレスにお送りください。
    件名に必ず「新たな生活スタイルで困った!障がい者のあるあるを募集!」と付けて下さい。
    メールアドレス:hats010@city.machida.tokyo.jp
  2. はがき、手紙
    応募先住所
    〒194-0013 町田市原町田6-8-1生涯学習センター宛

注記:プライバシー保護の為、本人が特定されるような表現はお控えください。

ご応募お待ちしています!

関連情報

このページの担当課へのお問い合わせ
生涯学習部 生涯学習センター

電話:042-728-0071

ファックス:042-728-0073

WEBでのお問い合わせ