古民家改修レポート(2015年12月10日/三和土の補修)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年12月15日

工事足場が撤去され、内部の工事が進んでいます

工事用の仮設足場が全て取り払われ、旧荻野家住宅の新しい茅葺屋根が紅葉に映えています。まだ工事現場内は安全のため立入禁止になっていますが、工事現場東側の園路を上ったところからは現在の旧荻野家住宅が御覧いただけます。(足もとには十分ご注意ください!)

現在建物内部では建具の補修工事が進んでおり、また、土間や軒下の三和土(たたき)部分の工事も行われています。三和土の材料は粘土や砕石などに、石灰と苦汁を混ぜたもの。三種類の材料を混ぜ、叩き固めていくので、「三和土」と書いて「たたき」と読みます。劣化した三和土を撤去した上で、元の厚みになるように仕上げていきます。

このページの担当課へのお問い合わせ
生涯学習部 生涯学習総務課

電話:042-724-2554

ファックス:050-3161-9866

WEBでのお問い合わせ