古民家改修レポート(2015年7月29日/銅板屋根)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年7月29日

風呂場・便所屋根の銅板葺作業中です

旧荻野家住宅の背面には風呂場・便所の部分が張り出した形で建っています。旧荻野家住宅の屋根は茅葺きですが、この部分については、もともとは杉皮葺であったものを、移築復元された時に、保存上の観点から銅板葺に改めています。
この銅板屋根も、今回の改修工事では葺きなおしています。今は金属の光沢も鮮やかですが、徐々に緑青に覆われ馴染んだ色合いになります。

土壁塗りの工程も進んでいます。7月11日の見学会の際には黒い土を塗っていましたが、乾燥がすすむと白っぽい色になってきました。

このページの担当課へのお問い合わせ
生涯学習部 生涯学習総務課

電話:042-724-2554

ファックス:050-3161-9866

WEBでのお問い合わせ