古民家改修レポート(2015年6月12日/ひかりつけ)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年6月12日

「ひかりつけ」の作業が行われていました

基礎石の上に土台となる木材を取り付けるための、「ひかりつけ」の作業が行われていました。
コンクリートの平らな基礎の上であれば平らな木材を乗せて固定するだけですが、古民家の基礎は石で、形・大きさは選別されてはいますが、それぞれに凹凸などが違っています。
土台を安定させるためには、それぞれの形にぴったり合うように木材を加工する必要があります。この作業が「ひかりつけ」です。
少し削っては基礎の上に乗せて確認する、という作業を何度も繰り返し、職人の技と根気を感じさせる作業でした。

このページの担当課へのお問い合わせ
生涯学習部 生涯学習総務課

電話:042-724-2181

ファックス:050-3161-9866

WEBでのお問い合わせ