町田市ロゴ

毎年9月は食生活改善普及運動月間です!

更新日:2019年8月8日

健康寿命をのばそう

「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマとして

食生活の定着に焦点を当てた運動です。
健康日本21(第二次)の栄養・食生活の目標達成に向けて、さらに強化するための全国的な取組です。

上記イラスト(啓発ツール)を自由にダウンロードできます。

町田市における取組


展示イベントの様子(2018年度)

日時:2019年9月2日(月曜日)から6日(金曜日) 8時30分から17時まで(6日のみ16時まで)
会場:町田市庁舎 1階 多目的スペース
入場無料です。開庁時は、自由にご覧いただけます。常時、職員はおりません。

※同日、町田市庁舎 1階 イベントスタジオでは「防災フェア&食生活改善普及運動」を行います!
内容:防災及び防災食に関する展示
  期間中11時から13時まで、防災食の試食を配布しています。
  なお、6日の11時から13時まで、管理栄養士実習生による防災食に関するミニイベントを実施します。

食生活の改善をめざすための、栄養士による講話と調理実習です。
日時:2019年9月10日(火曜日) 9時45分から12時30分
会場:町田市健康福祉会館 1階 栄養指導室

日時:2019年9月19日(木曜日) 11時から売り切れ次第終了
会場:町田市庁舎 2階 食堂
内容:毎月19日の「食育の日」に合わせてヘルシーランチを販売しています。食育の日の詳細はこちら
  献立は、食堂の栄養士が作成しています。

「毎日プラス一皿の野菜」

町田市民の1日の野菜摂取量は、目標量(350グラム)より85グラム少ない265グラムです。
まずは、「毎日プラス一皿の野菜料理」を実践したいですね。
しかし、忙しい毎日を過ごしている人にとって、毎日野菜料理を一皿増やすのは、すこし大変。
その負担をやわらげる工夫を紹介します!

1.常備菜を利用する
常備菜とは作り置きのおかずのこと。冷蔵庫から出してすぐに食べられます。
※ただし、衛生には気をつけて、作ったら早めに食べ終えるようにしましょう。

2.電子レンジを利用する
電子レンジを利用すると、茹でる手間が省けて調理の時間を短縮できます。


電子レンジ加熱の目安


野菜料理レシピ集(第3弾)

3.困ったら汁物を具だくさんに!
みそ汁、スープにすれば鍋ひとつで多種類の野菜が食べやすくなります。
野菜たっぷりの汁物にすることで汁物のかさが増え、減塩にもつながります。

4.野菜料理レシピ集を活用しましょう!
町田栄養・食生活ネットワーク会議の委員が作成しました。
第3弾は「調理器具1つでできる」「短時間で作りやすい」レシピを集めました!

これ1つで簡単!野菜料理レシピ集