町田市ロゴ

町田市立陸上競技場のネーミングライツスポンサー募集

更新日:2019年8月16日

質疑への回答

8月1日(木曜日)から8月9日(金曜日)に受け付けた質疑に対する回答を掲載します。

質疑への回答
番号 質疑 回答
1 ネーミングライツ料の支払い時期について。
ネーミングライツ料の支払いタイミングの詳細をご教示下さい。
一括や分割など。
市としては、当該の年額を年度ごとにお支払いいただくことを考えています。
なお、契約の詳細を決める際に、お支払い方法についても協議させていただき、できるだけご要望にお応えしたいと考えております。
2 ネーミングライツの権利としている広告について。
多くの場所に看板を掲出できるかと思いますが、ネーミングライツを取得した企業のタイミングで付け替えが可能なのか。
また、権利内の場所であれば、随時広告の新設ならびに変更が可能なのか。
合わせて掲出のタイミングが運用開始の2020年1月に間に合わなくとも、そこは広告主の責任の範囲ということでよいか。
看板内容については、掲出前に市と協議していただきますが、基本的には施設内部の愛称及び広告看板の掲出時期、内容変更はスポンサー事業者様のご都合で決めていただけます。
また、募集案内に記載されている掲出可能箇所以外の場所への看板掲出についても、協議可能です。

募集案内・申込用紙など

町田市立陸上競技場の現況鳥瞰写真
町田市立陸上競技場

町田市立陸上競技場は、観客席増設整備により、トップレベルのスポーツを体感できる環境が整うとともに、ホームチームであるFC町田ゼルビアのJ1クラブライセンスに必要な観客数の基準も満たすことができます。
このたび、新たな財源を確保し、安定的施設運営とスポーツ振興に資するため、町田市立陸上競技場のネーミングライツスポンサーを募集します。

ネーミングライツの期待できる効果や町田市立陸上競技場の施設についてはこちらをご覧ください。

ネーミングライツスポンサー募集の詳しい内容はこちらをご覧ください。

応募申込みは、申込用紙に記入し、誓約書に署名捺印して、申込用紙下段の添付書類とともに、申込書類提出期間内に町田市公園緑地課にご提出ください。

ネーミングライツスポンサー募集の概要

募集スケジュール
8月1日(木曜日)から
8月9日(金曜日)まで
質疑受付期間
8月16日(金曜日) ホームページに質疑への回答を掲載
8月19日(月曜日)から
8月30日(金曜日)まで
申込書類提出期間
9月18日(水曜日) 町田市立陸上競技場ネーミングライツスポンサー候補事業者
選定会議において、優先交渉権者を選定
10月下旬頃 契約締結
2020年1月 愛称使用開始予定

ネーミングライツの概要

町田市立陸上競技場の施設概要

東京都町田市野津田町2035番(野津田公園内)

1990年10月

トラック・・・・・400メートル×8コース(全天候型ウレタン舗装)

フィールド・・・7600平方メートル

観客席・・・・・メインスタンド2492席、バック・サイドスタンド7840席、計10332席

※2019年度から2020年度にバックスタンドの増席工事を行い、約15000席とする予定。

館内施設・・・観客席、運営本部室・医務室・救護、授乳室、警察、消防司令控室、大型映像装置、写真判定機審判控室(6名程度)、スタッフ控室、選手控室、ドーピングコントロール室、貸会議室、更衣室・ロッカールーム・トイレ、トレーニングルーム(人工芝)

J2リーグの試合開催可能施設(FC町田ゼルビアのホームスタジアム)

日本陸連第3種公認陸上競技場(第2種の要件を満たす用器具を保有)

スポーツパークパートナーズまちだ


増席後の町田市立陸上競技場の完成予想図

関連情報

町田市ホームページの町田市立陸上競技場のページです。

町田市立陸上競技場は野津田公園にあります。町田市ホームページの野津田公園のページです。

野津田公園の維持・管理・運営を担当する町田市指定管理者「スポーツパークパートナーズまちだ」発信の野津田公園ホームページです。

陸上競技場の観客席を約15000席に増設することについては、こちらのページをご覧ください。

陸上競技場の観客席増設のための造成工事については、こちらのページをご覧ください。