このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

主要事業の選定状況

更新日:2018年3月29日

5ヵ年計画には計画期間中、重点的に取り組むものとして、「重点事業」「行政経営改革プラン」を定めており、新たに重点的に取り組む必要がある事業については「主要事業」として選定しています。

事業・取組類型
重点事業 まちづくりに関し、重点的に取り組むものとして、5ヵ年計画17-21には88の事業が定められています。
行政経営改革プラン 経営改革に関し重点的に取り組むものとして、5ヵ年計画17-21には48の取組が定められています。
主要事業 計画策定後の環境変化等により、重点的に取り組む必要性が生じた事業で、重点事業と同様に取り組みます。

主要事業

5ヵ年計画17-21では、以下の事業を主要事業として位置付けています。

えいごのまちだ事業
事業概要 2020年の新学習指導要領全面実施(小学校の英語必修化及び教科化)に先行して、町田市独自の取組として、現在3校(9クラス)でモデル的に実施している放課後英語教室を、2018年度から2020年度にかけて年に13校ずつ増やし、全42校で実施します。
英語指導を行う教員を補助し、助言する「Machida English Promotion Staff」を2018年度に3名、2019年度と2020年度に6名ずつ配置し、英語指導の体制を強化します。
ALT外国語英語指導助手)を増派位置し、児童が授業及び授業以外にも英語に自然に親しむ時間を、1校あたり平均集9時間から週20時間に増やします。
事業費概算 546百万円
所管部 学校教育部
期間 2018~2021年度

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
政策経営部 企画政策課
電話:
042-724-2103
FAX:
050-3085-3082

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)