このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 市政情報 の中の
  3. 選挙 の中の
  4. 選挙のしくみ の中の
  5. 投票日に用事ができた! 期日前投票・不在者投票 のページです。
本文ここから

投票日に用事ができた! 期日前投票・不在者投票

更新日:2019年4月2日

期日前投票・不在者投票期間

選挙の公示日(告示日)の翌日から投票日の前日まで

投票できる時間

土曜日・日曜日・祝日を問わず午前8時30分から午後8時まで(市民センター等は期間と時間が異なりますのでご注意下さい)
注記 町田市で選挙が行われていない場合、不在者投票の受付は平日の午前8時30分から午後5時まで(場所は町田市庁舎9階選挙管理委員会事務局のみ)となりますのでご注意ください

場所

期日前投票所一覧
期日前投票所名 住所
町田市庁舎 森野2-2-22
南市民センター 金森4-5-6
なるせ駅前市民センター 南成瀬1-2-5
鶴川市民センター 大蔵町1981-4
忠生市民センター 忠生3-14-2
小山市民センター 小山町2507-1
堺市民センター 相原町795-1
玉川学園コミュニティセンター 玉川学園2-19-12
木曽山崎コミュニティセンター 山崎町2160-4
南町田駅前連絡所(南町田リエゾン) 鶴間3-10-2
和光大学ポプリホール鶴川 能ヶ谷1-2-1
  • 玉川学園コミュニティセンターは、建替え工事中のため、工事期間中(2021年4月完了予定)は期日前投票所を設置いたしません。
  • 期日前投票所は当日の投票所とは異なり、いずれの期日前投票所でも投票できます。

期日前投票制度

平成15年12月から導入された制度で、仕事、レジャー、冠婚葬祭など、投票日に何らかの用事がある方が、選挙人名簿の登録地(住民票のある区市町村)で投票日前に投票をする制度です。

期日前投票の手順

  1. 選挙管理委員会が用意した宣誓書(兼投票用紙請求書)に必要事項を記入します。
  2. 受付係で受付をします。投票所入場券が届いている場合はお出しください。
  3. 名簿対照係で選挙人名簿に載っているかの確認を受けます。
  4. 投票用紙交付係で投票用紙をもらいます。
  5. 投票記載場所で投票用紙に記載します。
  6. 投票箱に投函して終了です。

期日前投票の期間中に18歳になる方への注意

「投票日までには18歳になるけれど、期日前投票をしようとする日はまだ17歳」という方は、不在者投票と同じ方法で行います。
これは、「選挙権があるのは18歳以上」という大前提が法律で定められているためです。
そのため秘密の保持のため2重封筒に投票用紙を入れた状態で保管し、投票日当日に選挙権が確かにあることを確認して受理します。

  1. 選挙管理委員会が用意した宣誓書(兼投票用紙請求書)に必要事項を記入します。
  2. 受付係で受付をします。投票所入場券が届いている場合は、お出しください。
  3. 名簿対照係で選挙人名簿に載っているかの確認を受けます。
  4. 投票用紙と不在者投票用の封筒(外封筒・内封筒)が交付されます。
  5. 記載した投票用紙を内封筒にいれて封をし、さらに外封筒に入れ封をします。
  6. 外封筒に署名し(2枚の封筒を用いることにより投票の秘密は守られます)、立会人の署名をもらってから、不在者投票管理者に提出して終了です。
  7. 提出された不在者投票は、封がされたままの状態で、町田市選挙管理委員会が保管します。

不在者投票制度

他の区市町村に出張、旅行などで滞在している方や、病院・老人ホームなどに入院・入所している方、町田市から他の市町村に住所を移転された方(選挙の種類により投票できない場合があります。)などが対象で、出張、滞在先の区市町村の選挙管理委員会や、入院・入所している施設内で投票日前に投票をする制度です。
不在者投票は次の方法により投票します。

仕事・出張や旅行などにより滞在している区市町村の選挙管理委員会で不在者投票をする場合

  1. ご本人が宣誓書(兼投票用紙請求書)を町田市選挙管理委員会に郵便などで提出します。(ファクシミリでは受け付けません。
  2. 町田市選挙管理委員会から、ご本人あてに不在者投票用紙と外封筒・内封筒、不在者投票証明書の入った封筒を郵送します。
  3. 到着次第、ご本人が不在者投票用紙など届いたもの一式全てを滞在地の区市町村の選挙管理委員会に持参し、係員の指示によりその場で記載し提出します。(事前に投票用紙に記載してはいけません。また、不在者投票証明書が入っている封筒は開封してはいけません。投票ができなくなります。
  4. 提出された不在者投票は、封がされたままの状態で、滞在地の区市町村選挙管理委員会から町田市選挙管理委員会に送付されます。
  • 不在者投票ができる期間は、選挙の公示日(告示日)の翌日から投票日の前日までですが、郵送期間を考慮し、早めに手続きをしてください。(投票用紙等の請求は不在者投票期間前でもできます。)

不在者投票宣誓書兼請求書の取得・提出方法

不在者投票宣誓書兼請求書をダウンロードできます。
不在者投票宣誓書兼請求書は、町田市代表(電話:042-722-3111)または選挙管理委員会(電話:042-724-2168)に電話で取得することもできます。

必要事項をご記入の上、町田市選挙管理委員会に郵送またはお持ちください(FAX・Eメール不可)
〒194-8520 町田市森野2-2-22 町田市庁舎
選挙管理委員会 不在者投票担当あて

病院や老人ホームなどで不在者投票をする場合

都道府県が指定した病院や老人ホームなどの施設に入院・入所されている方は施設内で不在者投票ができます。施設の職員に申し出てください。

  1. 施設の職員に不在者投票をする旨をお申し出ください。
  2. 施設の長が、町田市選挙管理委員会に不在者投票用紙と外封筒・内封筒を請求し、受領します。
  3. 不在者投票用紙と外封筒・内封筒は、施設内でご本人に交付されます。
  4. 記載した投票用紙を内封筒にいれて封をし、さらに外封筒に入れ封をします。
  5. 外封筒に署名し(2枚の封筒を用いることにより投票の秘密は守られます。)、立会人の署名をもらってから、施設の長に提出します。
  6. 提出された不在者投票は、封がされたままの状態で、施設の長から町田市選挙管理委員会に送付されます。

※町田市内の不在者投票指定施設の一覧は以下の「町田市内の不在者投票指定施設」からご覧ください。

町田市内の不在者投票指定施設

マメ知識「2重封筒のその後」

投票用紙は選挙人の投票の秘密を守るため2重封筒に入れます。
投票後の流れは次のとおりです。

  1. 二重封筒を投票所ごとに分け、封がされたままの状態で投票所に送致します。
  2. 各投票所の投票管理者は送致された2重封筒について受理または不受理の決定をします。(午後8時を過ぎて送致されたものは不受理になります。)
  3. 受理になったものは、外封筒のみを開封し、封がされた状態の内封筒を取り出し、混ぜます。(これでその内封筒が誰のものであったかは分からなくなります。)
  4. 内封筒を開封して投票用紙を投票箱へ投函します。
  • 町田市では指定された投票所1か所で、受理になった全ての2重封筒について外封筒のみを開封し、いったん混ぜ、内封筒を開封して投票用紙を投票箱へ投函、という処理を行っています。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
選挙管理委員会事務局
電話:
042-724-2168
FAX:
042-724-1195

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)