このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

2012年7月11日開催 市長記者会見資料

更新日:2012年10月10日

2012年7月11日に開催した市長記者会見で発表した資料を掲載しています。

【案件1】 水銀灯からLED照明への変更で最大90%の節電!~町田市屋内LED照明実証実験の報告書がまとまりました~

市では、メーカーおよび販売会社23社の協力を得て、今後のLED照明の普及に向けたデータ収集を目的とした「町田市屋内LED照明実証実験」を行いました。
その結果、「直管形LED照明(※1)」で37~50%、「400W水銀灯代替LED照明(※2)」では、最大で90%の節電効果が認められました。

※1「直管形LED照明」:40W直管形蛍光灯置き換えタイプのLED照明
※2「400W水銀灯代替LED照明」:水銀灯置き換えタイプの高所用LED照明

【案件2】 「第35回観蓮会」を8月5日(日曜日)午前6時から開催します

真夏の早朝に咲く優雅な大賀ハス(※1)を観賞する「第35回観蓮会」を、8月5日(日曜日)午前6時から薬師池公園内「やくし茶屋」横において開催します。
当日は、ハスの葉に注いだお酒を茎を通して飲む「荷葉酒」(※2)や、お酒を飲めない方には「荷葉茶」の接待を行います。

※1「大賀ハス」
大賀ハスは、故大賀一郎博士が1951年千葉県検見川遺跡の泥炭層下の青泥層の中から発見された、3粒のうち1粒が発芽に成功したものです。同じ地層から出土されたカヤの丸木船により、3000年前のハスの実と推定され千葉県では、このハスを「大賀ハス」と命名し、天然記念物に指定された。現在薬師池公園のハス田は3000平方メートルあり、7月中旬から8月上旬頃が見頃となります。毎年開花の時期になると、早朝から古代の夢とロマンを感じさせる薄紅色の花を撮りに多くの方が来園されます。
※2「荷葉」:ハスの葉(荷はハスと言う意味もある)
ハスの葉からお酒を飲むことを「荷葉杯」(かようはい)または「象鼻杯」(ぞうびはい)「碧筒杯」(へきとうはい)などと中国では呼ばれている。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
政策経営部 広報課
電話:
042-724-2101
FAX:
042-724-1171

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)