このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 市政情報 の中の 新庁舎計画 の中の 新庁舎建設基本設計(2007年11月完成) のページです。

本文ここから

新庁舎建設基本設計(2007年11月完成)

更新日:2018年4月1日

新庁舎建設基本設計完成

基本設計の模型 基本設計の模型

新庁舎の基本設計の概要は、下記のPDFファイルをご覧ください。なお、ファイルサイズが大きいため分割して掲載しています。

基本設計完成までの経過

○2005年7月から2006年1月までの間、学識経験者等で構成する「町田市新庁舎建設設計者選定委員会」を設置して設計者選定を行い、3次にわたる審査を経て、槇文彦氏が最優秀者として選ばれました。
○この設計者選定の結果を受けて、市では、2006年10月に槇氏の所属事務所である槇総合計画事務所と基本設計の業務委託契約を締結しました。
○2007年3月には、基礎的な資料をもとに作成した「新庁舎建設基本設計検討原案」(以下「検討原案」)が設計者から提出され、この検討原案をもとに、市民参加によるワークショップを開催し、いただいた意見を設計に反映しながら、2007年11月に、基本設計が完成しました。

基本設計以降

2008年2月から基本設計に続く実施設計に着手し、2009年3月に実施設計図面が完成しました。2009年度に施工者選定を行い、建設工事を開始します。その後、約3年間の工事期間を経て、2012年度には、新庁舎での業務を開始する予定です。→新庁舎建設について

設計者 槇文彦氏の略歴

設計者槇文彦氏 設計者槇文彦氏

1928年 東京都に生まれる。
1952年 東京大学工学部建築学科卒業
1954年 ハーバード大学大学院建築修士課程終了
1956~1965年 ワシントン大学及びハーバード大学準教授
1965年 株式会社槇総合計画事務所設立
     代表取締役として現在に至る。
1979~1989年 東京大学工学部建築学科教授
<主な受賞>
日本建築学会賞、毎日芸術賞、日本芸術大賞、プリツカー賞、プリンスオブウェールズ都市デザイン賞、UIAゴールドメダル、村野藤吾賞、高松宮殿下記念世界文化賞
<主な作品>
ヒルサイドテラス(代官山)、幕張メッセ、東京体育館(千駄ヶ谷)、藤沢市秋葉台体育館、スパイラル(表参道)、テレビ朝日(六本木)、国立国語研究所(立川)、福井県立図書館・文書館、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
<現在進行中のプロジェクト>
ニューヨークワールドトレードセンター・タワー4、三原市新文化会館、島根県立古代出雲歴史博物館

関連情報

新庁舎計画

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
財務部 市有財産活用課
電話:
042-724-2151
FAX:
050-3085-5311

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)