このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 暮らし の中の 水道・下水道 の中の 下水道 の中の 市からのお知らせ・お願い の中の 町田市下水処理場の放射性物質検査結果 のページです。

本文ここから

町田市下水処理場の放射性物質検査結果

更新日:2017年3月15日

町田市で下水処理を行っている成瀬クリーンセンター及び鶴見川クリーンセンターの脱水汚泥、汚泥焼却灰、放流水及び汚泥焼却炉排ガスに含まれる放射能の詳細な測定結果が出ましたのでお知らせします。

放射能測定結果

脱水汚泥 単位:Bq/kg(キログラムあたりベクレル)
施 設 名 試料採取日 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
成瀬クリーンセンター 2011年5月20日 不検出 298 328 626
鶴見川クリーンセンター 2011年5月16日 10 162 122 284
  • 脱水汚泥は、下水を処理する際に発生した汚泥から水分を取り除いたものです。
  • 放射能量の測定は、外部の専門分析機関に委託しています。
  • 測定値が検出下限値未満の場合を不検出としています。

※雑誌「AERA」(2011年6月20日号/朝日新聞出版発行)の13から14ページに記載されている数値および記事は、成瀬クリーンセンターと鶴見川クリーンセンターの数値を合算したもので、事実と異なります。

汚泥焼却灰(成瀬クリーンセンター) 単位:Bq/kg(キログラムあたりベクレル)
試料採取日 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
2017年2月3日 不検出(13未満) 不検出(12未満) 33 33
汚泥焼却灰(鶴見川クリーンセンター) 単位:Bq/kg(キログラムあたりベクレル)
試料採取日 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
2017年2月16日 不検出(16未満) 不検出(15未満) 17 17
  • 汚泥焼却灰は、脱水汚泥を焼却したものであるため、放射能濃度が高くなります。
  • 放射能量の測定は、外部の専門分析機関に委託しています。
  • 測定値が検出下限値未満の場合を不検出としています。
  • 不検出の検出限界は、測定時におけるバックグラウンド等の影響を受けるため、測定毎に変動します。
放流水 単位:Bq/L(リットルあたりベクレル)
施  設  名  試料採取日 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
成瀬クリーンセンター 2016年12月26日 不検出(8未満) 不検出(8未満) 不検出(10未満) 不検出
鶴見川クリーンセンター 2016年12月26日 不検出(8未満) 不検出(10未満) 不検出(9未満) 不検出
  • 放流水とは、下水処理場から公共用水域(河川)に排出される処理水です。
  • 放射能量の測定は、外部の専門分析機関に委託しています。
  • 測定値が検出下限値未満の場合を不検出としています。
  • 不検出の検出限界は、測定時におけるバックグラウンド等の影響を受けるため、測定毎に変動します。
汚泥焼却炉排ガス(成瀬クリーンセンター1号炉(50トン炉)) 単位:Bq/立方メートルN(ノルマル・立方メートルあたりベクレル)
試料採取日 測定サンプル名 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
2016年8月29日 ろ紙部 不検出(0.52未満) 不検出(0.60未満) 不検出
2016年8月29日 ドレン部 不検出(0.95未満) 不検出(1.05未満) 不検出
汚泥焼却炉排ガス(成瀬クリーンセンター2号炉(50トン炉)) 単位:Bq/立方メートルN(ノルマル・立方メートルあたりベクレル)
試料採取日 測定サンプル名 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
2016年9月13日 ろ紙部 不検出(0.58未満) 不検出(0.50未満) 不検出
2016年9月13日 ドレン部 不検出(1.07未満) 不検出(1.05未満) 不検出
汚泥焼却炉排ガス(鶴見川クリーンセンター1号炉(30トン炉)) 単位:Bq/立方メートルN(ノルマル・立方メートルあたりベクレル)
試料採取日 測定サンプル名 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
2016年7月21日 ろ紙部 不検出(0.39未満) 不検出(0.41未満) 不検出
2016年7月21日 ドレン部 不検出(0.78未満) 不検出(0.57未満) 不検出
  • 測定方法:廃棄物等の放射能調査・測定法暫定マニュアル(第一版)により試料を採取し、ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーにより分析
  • ろ紙部:粉じんに含まれる上記放射性物質を捕集するところです。
  • ドレン部:ガス状の上記放射性物質を冷やして、捕集するところです。
  • 活性炭部:上記放射性物質を活性炭に吸着させて、捕集するところです。
  • 放射能量の測定は、外部の専門分析機関に委託しています。
  • 測定値が検出下限値未満の場合は不検出としています。
  • 不検出の検出限界は、測定時におけるバックグラウンド等の影響を受けるため、測定毎に変動します。
汚泥焼却炉排ガス(鶴見川クリーンセンター2号炉(60トン炉)) 単位:Bq/立方メートルN(ノルマル・立方メートルあたりベクレル)
試料採取日 測定サンプル名 放射性
ヨウ素 131
放射性
セシウム 134
放射性
セシウム 137
セシウム
合算値
2016年8月30日 ろ紙部 不検出(0.45未満) 不検出(0.46未満) 不検出
2016年8月30日 ドレン部 不検出(0.86未満) 不検出(1.12未満) 不検出

今後の対応

平成24年1月1日に施行された『平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法(放射性物質汚染対処特措法)』ならびに関係法令、規則に基づき、適切な対応をしていきます。

過去の測定結果

  • 測定値が検出下限値未満の場合は不検出としています。
  • 不検出の検出限界は、測定時におけるバックグラウンド等の影響を受けるため、測定毎に変動します。

関連情報

市内空間放射線量の測定結果は、こちらからご覧いただけます。

町田市内の空間放射線量の測定について

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
下水道部 水再生センター
電話:
042-720-1825
FAX:
042-720-4454

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)