このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

水素エネルギーの普及に取り組みます

更新日:2018年7月13日

町田市では、環境に配慮したまちづくりを主要な施策の一つに掲げ、様々な取り組みを進めています。その中で、地球温暖化対策としてさらなる環境負荷の低減を進めるため、水素エネルギーの普及に取り組みます。

  1. 水素エネルギーに関するイベントや環境学習、講演会を行います
  2. 燃料電池自動車がさまざまなイベントに登場します

※新着情報には、各見出しに NEW! マークが付いています。

1.水素エネルギーに関するイベントや環境学習、講演会を行います

環境学習や講演会などを通じて、地球温暖化防止につながる未来のエネルギーについて伝えます。

2.燃料電池自動車がさまざまなイベントに登場します

水素エネルギーの普及に取り組む一環として、水素を燃料とした燃料電池自動車の普及拡大を目指しています。
街中などで開催されるさまざまなイベントに燃料電池自動車が出張し、展示や写真撮影といった身近に接する機会を提供しながら、水素の有効性などの啓発活動を行います。

イベント出張展示のイメージ イベント出張展示のイメージ

燃料電池自動車について

町田市燃料電池自動車 町田市燃料電池自動車

燃料電池自動車は、水素と酸素の化学反応によって発電した電気で走ります。走行時のCO2排出量はゼロ、排出するのは水だけの地球にやさしい自動車です。
町田市の燃料電池自動車MIRAIは、多摩26市では初めての導入となります。

待ちに待った夏休み!子どもセンターにMIRAIが登場します! NEW!

  1. 子どもセンターぱお 日時:2018年7月29日(日曜日)午前10時から午後3時まで
  2. 子どもセンターまあち 日時:2018年8月5日(日曜日)午後1時から午後4時まで
  3. 子どもセンターただON 日時:2018年8月24日(金曜日)午後1時から午後4時まで
  4. 子どもセンターつるっこ 日時:2018年8月26日(日曜日)午後1時から午後4時まで

内容:

  •  燃料電池自動車の展示や写真撮影、パネル展示
  •  外部給電器を通じた電気製品(バブルマシーン)の使用など燃料電池自動車の性能紹介
  •  燃料電池自動車をデザインした缶バッジの配布

燃料電池自動車を導入しました

町田市では、温室効果ガス排出抑制のための水素エネルギー普及事業の一環として、燃料電池自動車を導入し、将来の水素社会の到来に向けた第一歩とします。

燃料電池自動車導入の納車式を行いました

燃料電池自動車のトヨタMIRAI納車に伴い、セレモニーとして納車式や水素に関するイベントを行いました。
燃料電池自動車の導入は、東京都内23区以外では町田市が初となります。
納車式やイベントでは、町田市エコキャラクターの「ハスのん」や、サッカーチームのFC町田ゼルビアのマスコット「ゼルビー」が登場し、式典を盛り上げたほか、ご来場いただいたみなさんにハスのんうちわや缶バッチを配りました。

※イベントの様子については、本ページ上部の 「2016年度の実績についてはこちら(PDF)」 をご覧ください。

レプリカキーの贈呈 レプリカキーの贈呈

1.納車式
 日時:2016年8月24日(水曜日)午後2時から2時30分まで
 会場:町田市庁舎正面玄関横
 内容:町田市長の挨拶のほか、燃料電池自動車の
     プレゼンテーションや大きなレプリカキーの
     贈呈などを行いました。

2.燃料電池自動車展示関連イベント
 日時:2016年8月24日(水曜日)午後2時30分から3時30分まで(納車式の後)
 会場:町田市庁舎正面玄関横
 内容:燃料電池自動車を活用した啓発イベントを行いました。車の性能の紹介や、車の撮影、
     関連のパネルの展示などを行いました。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 環境・自然共生課
電話:
042-724-4391
FAX:
050-3160-5220

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)