このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

ダンボールコンポストを使って生ごみを減量

更新日:2017年9月27日

ダンボールコンポストとは

ダンボールを使って、生ごみを手軽に処理するものです。ダンボールに必要な基材(竹チップや米ぬかなど)を入れて準備ができたら、生ごみを投入してかき混ぜるだけです。約3か月間生ごみを処理することができます。
処理した生ごみは、たい肥として使うことができますので、ガーデニングや家庭菜園に使えます。

ダンボールコンポストの使い方講習会を開催します

ダンボールコンポストを使ってみたい!生ごみを減量したい!たい肥を使いたい!
そんな方は、ぜひ、ダンボールコンポストの使い方講習会にご参加ください。
参加いただいた方には、もれなくダンボールコンポストを差し上げます
(次回開催日につきましては、決定しだいホームページや広報にてご案内いたします)

対象者:町田市内在住の方
参加費:無料

お渡しするダンボールコンポストについて

大きさは、縦33cm・横37cm・高さ32cmです。重さは約7kgあります。研修参加者は、お持ち帰りできる準備をお願いいたします。
基材は、竹チップ・竹炭・米ぬかです。使用する竹は、町田市産のものを使用しています。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 3R推進課 推進係
電話:
042-797-0530
FAX:
042-797-5374

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

3Rとは
Reduce(リデュース)ごみそのものを減らす
Reuse(リユース)繰り返し大切に使う
Recycle(リサイクル)分別して資源にする
の3つのRで、ごみの減量・資源化を推進します。