このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

「使い切り料理教室」を実施しています。

更新日:2018年1月15日

燃やせるごみの約40%を占める生ごみ。毎日の料理でどうしても出てしまうのが調理くずですが、私たちのちょっとした工夫で、調理くずをほとんど出さずに美味しい料理をつくることができます。

2018年2月7日「使い切り料理教室」参加者募集!

食材の使い切り方法やアレンジ方法など、調理で出るごみを減らす方法を実践を交えて紹介する料理教室を開催します。

日時:2月7日10時00分~13時00分
対象:市内在住の18歳以上の方
場所:町田市民フォーラム調理室
講師:町田地域活動栄養士会
定員:20名(申込み順)
費用:500円(食材費等)

申込み方法
1月17日正午~1月30日午後7時までに電話(042-724-5656)またはイベント申込みシステム(下記リンク)で町田市イベントダイアルまで。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。イベント申込みシステム

親子で楽しく料理しよう!エコで美味しい料理教室【2016年11月26日開催】

2016年11月26日(土曜日)に町田市民フォーラムにて、『親子で楽しく料理しよう!エコで美味しい料理教室』を開催しました。
料理テーマは『大根の使い切りメニュー』で、大根の葉とじゃこのオムライス、塩ざけと大根の時短煮、大根の皮とゆずの甘酢漬け、大根とかに風味蒲鉾のマヨサラダを作りました。

先生によるレクチャー 先生によるレクチャー

大根の皮をむいています 大根の皮をむいています

みんなで協力して調理しています みんなで協力して調理しています

大根の葉とご飯を混ぜています 大根の葉とご飯を混ぜています

大根の葉とじゃこのオムライス 大根の葉とじゃこのオムライス

「食材使い切りのコツ」のお話をしました 「食材使い切りのコツ」のお話をしました

参加者の声

【保護者】

  • 大根やだしのにぼし・コンブまでも使い切る方法が知れてよかったです。どれもとてもおいしくいただけました。親子で楽しく取り組めました。
  • とても勉強になりました。子どもも積極的に関わり自分で作るとおいしく食べられました。
  • とても楽しくできました。子どもと関わることがよかったです。

【小学生】

  • 大根も他の食べ物もやってみたいし、家でもやってみたいです。
  • おやこでできてうれしかった。
  • オムライスのご飯の中にある大根の葉が歯ごたえがあっておいしかった。

食材アレンジ自由自在!使い切り料理教室【2017年2月17日開催】

2017年2月17日(金曜日)に町田市民フォーラムにて、『食材アレンジ自由自在!使い切り料理教室』を開催しました。
料理テーマは『余りがちになってしまう食材や調味料を使った使い切り料理』で、ダイキチカレー(大根とチキンのカレー)、手間なし巾着煮、野菜の皮を使ったきんぴら、野菜のかきたま汁を作りました。

ダイキチカレーを作っています ダイキチカレーを作っています

みなさん分担して調理中 みなさん分担して調理中

完成しました! 完成しました!

調理で出たごみは少なかったです! 調理で出たごみは少なかったです!

参加者の声

  • 日頃作らない料理を教えてもらってよかったです。
  • 男性も多く、年齢層も幅広かったので楽しかったです。
  • この年まで生きてきましたが、知らなかったことについて世界が広がった。

残り野菜調理レシピはこちらをご覧ください【2015年9月26日開催『調理実習付き環境講座』】

ラタトュイユ、だいこん飯、鶏肉のハーブ焼き、食べるラー油の作り方です。

こちらもご覧ください

エコ得レシピ

食べ物を大切に。「食品ロス」の削減と防止に向けて

生ごみ水切りキャンペーン ~生ごみの80%は水分、水切りだけでも環境にやさしい~

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 3R推進課 推進係
電話:
042-797-0530
FAX:
042-797-5374

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

3Rとは
Reduce(リデュース)ごみそのものを減らす
Reuse(リユース)繰り返し大切に使う
Recycle(リサイクル)分別して資源にする
の3つのRで、ごみの減量・資源化を推進します。