このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

相模女子大学協働研究「4Rプロジェクト」

更新日:2017年3月3日

2015年7月に相模女子大学と町田市は「デザインの力で3Rを推進する協働研究に関する協定」を結びました。
この協定において、「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」の3Rに、もうひとつのR=「Re-クリエイト(再構築)」つまり「デザインの力」をプラスして4Rと呼んでいます。

町田市でごみとして回収された傘の布を使って、相模女子大学学芸学部生活デザイン学科と協力して製作したエコバッグが完成しました。
下記のイベントを開催します!ぜひお越しください。

【期間限定】中央図書館の貸出用通い袋として使用します!

このエコバッグを、CD・DVD等の貸出用通い袋として、試験的に使用します。借りたCD・DVD等は、必ずこの袋に入れて返却してください。
※数に限りがあるため、袋がなくなり次第使用を終了する場合があります。

  • 実施期間
    2017年3月10日(金曜日)から23日(木曜日)
  • 場所
    中央図書館

貸出用通い袋の写真

マイボトルくんとエコバッグちゃん

貸出用通い袋と同じサイズのエコバッグが作れます!

特集コーナーを設置します!

貸出用通い袋の使用にあわせて、リメイク本や「環境・ごみ」に関する本の展示、相模女子大学生活デザイン学科が製作したエコバッグの展示を行います。

  • 実施期間
    2017年3月10日(金曜日)から4月12日(水曜日)
  • 場所
    中央図書館5階

エコバッグを市庁舎で展示します!「楽しくエコをしよう!~4Rプロジェクト~」

町田市でごみとして回収された傘の布を使って、相模女子大学生活デザイン学科が製作したエコバッグを展示します。

  • 日時
    2017年3月27日(月曜日)から31日(金曜日)、午前8時30分から午後5時
    ※27日は午前9時30分から、31日は午後4時まで
  • 場所
    市庁舎1階イベントスタジオ

同時開催もあります!(※開催日時が異なります)

  1. スケルトン収集車「みえるくん」の展示
  2. 家庭で不要となった「陶磁器・ガラス食器」「家庭金物」「廃食用油」などの対象品目を無料で持ち込めるリサイクル広場の開催
  3. ごみの相談窓口
  4. 町田市剪定枝資源化センターで作られた剪定枝たい肥の販売
  5. 「ごみなくな~れ!」絵手紙展
「楽しくエコをしよう!~4Rプロジェクト~」日程表
27日(月曜日) 28日(火曜日) 29日(水曜日) 30日(木曜日) 31日(金曜日)
エコバッグ展示(開催期間中常設)
  「みえるくん」展示
(午前10時から午後2時)
  「みえるくん」展示
(午前10時から午後2時)
 
  リサイクル広場
(午前10時から午後2時)
  リサイクル広場
(午前10時から午後2時)
 
ごみの相談窓口(午前10時から午後3時)
剪定枝たい肥販売(午前10時から午後3時)
「ごみなくな~れ!」絵手紙展(開催期間中常設)
  • エコバッグ展示と「ごみなくな~れ!」絵手紙展は、27日(月曜日)から31日(金曜日)の午前8時30分から午後5時まで(開催期間中常設、27日は午前9時30分から、31日は午後4時まで)
  • スケルトン収集車「みえるくん」展示とリサイクル広場は、市庁舎こもれび広場で28日(火曜日)と30日(木曜日)、午前10時から午後2時まで
  • ごみの相談窓口と剪定枝たい肥販売は、27日(月曜日)から31日(金曜日)の午前10時から午後3時まで

スケルトン収集車「みえるくん」

2015年度に実施した市庁舎でのリサイクル広場の様子

陶磁器・家庭金物・ビデオテープなどを集めてリサイクル ~リサイクル広場まちだ~

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 3R推進課 推進係
電話:
042-797-0530
FAX:
042-797-5374

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

3Rとは
Reduce(リデュース)ごみそのものを減らす
Reuse(リユース)繰り返し大切に使う
Recycle(リサイクル)分別して資源にする
の3つのRで、ごみの減量・資源化を推進します。