このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

「リサイクルガラス砂絵教室」

更新日:2018年12月6日

夏休み期間中に市内の各子どもセンターでリサイクルガラス砂絵教室を開催しました。

(研磨された安全なリサイクルガラス砂を使用する砂絵を描いて、ガラス瓶のリユース、リサイクルに関して学ぶ環境学習講座です。)

2018年度実施時の様子

参加した子供たちの感想

● 使いおわったびんを洗って分別しようとおもいました。
● ごみの分別をきちんとすれば、ゴミでもしげんになることがわかりました。
● リサイクルするまえに使えるものはなるべくつかいたいとおもいました。

ビンのリサイクル

ビンには繰り返し使用することができるリターナブルビン(ビールビン・牛乳ビンなど)と一度しか使えないワンウェイビン(コーヒーのビン・栄養ドリンクのビンなど)があります。
ワンウェイビンはカレット(ガラスを粉々に砕いたもの)にした後、ガラスビンとして再生される他、舗装用骨材、タイル、ガラス繊維などに利用されています。
「環境学習」の一環として、「リサイクルガラス砂絵教室」講座の中で、ビンのリサイクルについての説明を行っています。

いろいろな色のビンを砕いたもの(カレット)

さらにカレットを細かく砕いたもの

ガラス砂絵作りに挑戦!

ガラスビンを細かく砕いて、角を取ったガラス砂を使用しています。
エコバッグちゃんも、挑戦するようですね!

リサイクルガラス砂です

エコバッグちゃん

下絵描き

台紙に鉛筆で下書きします。下絵が描けたら、マジックで縁取りします。

砂絵を作成するための道具です

下絵を台紙に書きます

色付け

割り箸や綿棒を使って、1色ずつ接着剤(木工ボンド)を塗ってガラス砂をかけます。
振りかけた砂を落としてから、別の箇所に接着剤を塗り、砂をかける。
その繰り返しで、絵にいろいろな色をつけていきます。
必ず、余ったガラス砂を1回ずつ、同じ色のガラス砂容器に戻すようにします。

ガラス砂 いろいろな色のリサイクルガラス砂があります

綿棒に接着剤を付けます

綿棒を使って、色を付ける箇所に接着剤を付けます

接着剤の付けた箇所に砂をかけます

付けたガラス砂を軽く押えます

余ったガラス砂を落とします

砂絵の完成

色付けが終わったら、ガラス砂をラッカースプレーで台紙に定着させます。
乾いたら、砂絵にリボンを掛けて完成です。

ラッカースプレーをかけて、ガラス砂を定着させます

砂絵にきれいなリボンを掛ければ完成です

エコバッグちゃんの作品です

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 3R推進課
電話:
042-797-0530
FAX:
042-797-5374