このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 暮らし の中の 防犯・防災 の中の 防災 の中の 町田市消防団について の中の 町田市消防団員が救急救護を行い急病人を救命しました のページです。

本文ここから

町田市消防団員が救急救護を行い急病人を救命しました

更新日:2017年4月24日

2016年2月23日(火曜日)に、町田市消防団第3分団第8部の太刀川眞弘部長が、小田急線鶴川駅前で倒れた急病人に対して迅速な対応を行い、人命を救命いたしました。
その功労が認められ消防総監賞を受賞いたしました。

受賞の様子

受賞後の記念撮影(前列中央太刀川氏、前列右2番目消防総監高橋氏、前列左2番目町田市消防団長佐藤氏)

対応内容

2016年2月23日(火曜日)に、小田急線鶴川駅前で突然意識を失って倒れた男性を、その場にいた太刀川眞弘部長が発見しました。
太刀川部長は一般人2名に119番通報と近くの交番からAEDの持ってくるように指示して、意識を失った男性の容態を確認しました。
そして、男性の意識や呼吸がないことを確認したため、心臓マッサージを実施いたしました。
この迅速で的確な救命処置が功を奏し、救急隊が到着した後には、男性は呼吸と脈拍が回復しました。現在、その男性は会話、食事、歩行も出来るようになるまでに回復しています。
町田市消防団は、日頃から非常災害時に備えて様々な訓練や行事を行っており、地域の防災リーダーとして活動しています。
太刀川部長は、これらの町田市消防団の活動に積極的に参加し、また、消防署が主催する救命講習にも参加していました。
それらの町田市消防団の日々の活動が、このような尊い命を救う結果に繋がっています。

消防総監賞とは

消防総監表彰は、東京消防庁の職員や消防団員、家族、そして東京都内の災害等において功績・善行のあった都民等を表彰しています。

町田市は自分たちのまちを守る消防団員を募集しています

町田市消防団には575人(うち女性15人。2016年4月1日現在)の団員が在籍していて、会社員・自営業・学生など多様な方がいます。災害出動のみならず、地域に根ざして様々な活動を行っています。消防団活動に興味のある方がいらっしゃいましたら、防災課までご連絡ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京消防庁 救命講習のご案内

救命講習のご案内です。興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
防災安全部防災課
電話:
042-724-2107
FAX:
050-3085-6519

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)