このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 暮らし の中の 防犯・防災 の中の 防災 の中の 防災対策 の中の 町田市の水害対策 の中の 町田市洪水ハザードマップについて のページです。

本文ここから

町田市洪水ハザードマップについて

更新日:2015年7月29日

町田市洪水ハザードマップは、平成17年の水防法改正を受けて東京都が公表した、中小河川の浸水予想区域図を基に作成したものです。
このマップには、洪水氾濫による浸水区域・浸水深、大雨による土砂災害危険箇所、避難広場(避難場所)など、大雨や洪水時の対応に必要な情報が記載されています。
このマップをご覧いただき、大雨・洪水に対する認識を深めるとともに、その対応を事前に準備しましょう。

浸水予想区域

町田市全体図 町田市全体図

今回作成した洪水ハザードマップにおける浸水予想区域は、平成12年9月に発生した『東海豪雨』の降雨(総雨量589ミリ・時間最大雨量114ミリ)を想定して作成されたものです。
掲載されている浸水区域は、浸水の深さが20センチメートル以上になると予測される場所を50メートルメッシュで表示しています。(浸水の深さが20センチメートル未満の浸水は表示されていません。)
各地区の浸水区域をご覧いただくには、上の「町田市全体図」を参照の上、該当する番号のファイルを下からダウンロードしてください。
各地区には「簡易版」と、より詳細に地図をご覧いただける「詳細版」をご用意しています。
(掲載している内容は、2009年1月末現在の状況です)

水害に関する知識・情報

町田市洪水ハザードマップには、浸水区域や浸水深等の他、大雨・洪水時に必要となる様々な情報が記載されていますので、各家庭での水害対策に活用してください。

大雨・洪水時に避難する場所は、地震災害時のときと異なり、浸水をせず風雨をしのぐことができる場所を選ばなければなりません。
そのため、町田市では「洪水時臨時避難施設」「洪水時避難施設」「洪水時集合場所」と表記し、地震災害時の避難広場(避難場所)と区別しています。

洪水時避難施設

避難勧告、避難指示が発令されたときに開設され、仮宿泊が可能です。体育館と校舎の両方が浸水しない、市立小中学校、都立高等学校等が指定されています。

洪水時集合場所

避難勧告、避難指示が発令されたとき、避難施設(避難所)の少ない相原町・小山町から、他地区の避難施設(避難所)へバス等で避難するための集合場所として開設されます。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Reader Adobe Readerのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
市民部 防災安全課
電話:
042-724-2107
FAX:
050-3085-6519

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)