このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

地震がおきてしまったら

更新日:2017年10月18日

地震発生!その時どうする?

自分の身は自分で守る

  • まずは自分の身の安全を確保する
    テーブルや机の下に隠れ、落下物などから身を守りましょう。何もない場合は、手で頭を保護しましょう。
  • 家具から離れる
    食器棚や本棚などから物が飛び出す恐れがあり危険です。また、下敷きになってしまうと身動きがとれなくなってしまいます。
  • 慌てて外に飛び出さない
    とっさに屋外に飛び出すのは危険です。屋外に出る場合は、揺れがおさまるまで待ちましょう。

落ち着いたらまわりを見回して

  • 素早く火の始末を
    地震が発生した際の火の始末は、火災を防ぐ重要なポイントです。揺れの大きさを判断し、落ち着いて火の始末をしましょう。
  • 窓・玄関を開けて出口を確保
    地震によって建物が歪み、出入り口が開かなくなる場合があります。避難路確保のために、扉や窓は開けておきましょう。
  • 室内のガラスの破片に注意
    地震の後、最も多いケガはガラスの破片による切り傷です。必ず履物をはいてから、行動しましょう。

みんなと協力して

  • 火が出たらすぐ消火
    最も恐ろしい二次災害を防ぐには、初期消火が重要です。火災の際は、「火事だ!」と大声で隣近所に知らせ、協力して消火にあたりましょう。
  • 応急手当を
    ケガ人が出た場合は、応急手当をしましょう。
    手に負えない場合は、近所で協力し、救護所や病院への搬送などを考えましょう。
  • 災害時要援護者の安全確認を
    お年寄りや、小さな子供などがいる家庭は地域ぐるみで支えられるよう、普段から隣近所で協力しあいましょう。
  • 正しい情報を
    災害が発生した混乱の中では、誤った情報が流されることも。
    市の防災無線放送や広報車、ラジオなどの正しい情報を聞くようにしましょう。
  • 町田市からのお願い
    災害が起きたときこそ、隣近所の助け合いは心強いものです。日頃から、地域の防災組織『自主防災組織』に参加しましょう。

被害を少なくするには

  • 家の中での安全対策をしておく
    家具等は転等防止金具でしっかり固定する。
    窓ガラス等は飛散防止フィルムを貼り付ける
    食器棚などの扉が開かないよう、ストッパーを取り付ける。
  • 家庭で防災会議を開こう
    交通が寸断され、電話が不通になった場合の家族間での連絡方法など、様々な状況を想定して話し合っておきましょう。
  • 非常持ち出し品を準備しよう
    現金、飲食料、携帯ラジオ、懐中電灯等をまとめて持ち出しやすい場所に置いておきましょう。

関連情報

町田市指定避難広場(避難場所)について

指定避難広場(避難場所)は、小・中学校等の公共施設を中心としています。最寄の避難施設(避難所)をあらかじめご確認ください。

木造住宅の耐震化促進助成制度について

木造住宅の耐震診断等についてはこちらをご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
防災安全部防災課
電話:
042-724-2107
FAX:
050-3085-6519

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)