このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

「オレオレ詐欺」の手口と対策

更新日:2017年12月6日

「オレオレ詐欺」とは?

 電話を利用して、親族、警察官、弁護士等を装い示談金等(交通事故、痴漢等)の名目で、現金を振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺のことです。

「オレオレ詐欺」の具体的な手口

〈その1〉警察官を装う手口
警察官を装い、主人や息子が痴漢や盗撮をしたとして逮捕されたと電話をかけくる。
警察官から被害者の弁護士に代わり、示談金が必要と説明し、至急相手の口座に振り込まないと示談が成立せず、主人や息子が留置場に入ると脅し現金を振り込ませるもの。
〈その2〉息子を装う手口
前日などに「携帯電話が壊れてしまって、番号がかわったので登録しなおしておいて。」などと事前に登録変更の連絡をしてくる。
その後、「会社のお金を使い込んでしまった。助けて欲しい。」や「彼女を妊娠させてしまったので、中絶費用がいる。」などといって現金を振り込ませるもの。
〈その3〉金融機関を装う手口
金融機関や百貨店を名乗るものから、「キャッシュカード(クレジットカード)が悪用されている。新しいカードに変更するため、古いカードを回収します。」と言ってカードを取りに来る。
「新しいカードを作成するので、古い暗証番号と新しい暗証番号を用紙に記入してください。」と言って暗証番号を聞き出し、カードと暗証番号を使って口座のお金を引き出すもの。

「オレオレ詐欺」に遭わないために

1 警察が盗撮、痴漢などの示談を仲介することはありません。このような電話がかかってきましたら、一旦電話を切り、必ず家族に確認し、警察に相談をしてください。
2 家族内では事前に合言葉などを決めておき、本人かどうかを確認してください。お金の話になったら、詐欺と疑い電話を切り、事実を確認してください。
3 警察官や市役所職員などを名乗っても、すぐに信用したりせず、必ず所属や名前を確認し、個人情報等を教えないようにしてください。

関連情報

最近の振り込め詐欺の手口と対策

最近の振り込め詐欺の手口と対策については、こちらをご覧ください。

「還付金詐欺」の手口と対策

「還付金詐欺」の手口と対策については、こちらをご覧ください。

「架空請求詐欺」の手口と対策

「架空請求詐欺」の手口と対策については、こちらをご覧ください。

「融資保証金詐欺」の手口と対策

「融資保証金詐欺」の手口と対策については、こちらをご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
防災安全部 市民生活安全課
電話:
042-724-4003
FAX:
050-3160-8039

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)