このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


現在のページ

トップページ の中の キッズページ の中の あそびばまなびば の中の こんなこと知ってるかな? のページです。

本文ここから

こんなこと知ってるかな?

更新日:2006年3月2日

子ども110番の家ってなぁに?

りす  

みんなは学校に行くとちゅうや、近所のお店に「子ども110番の家」とかいてあるきいろいかんばんを見たことはあるかな?
子ども110番の家」とは、みんながこまったときに助けを求めてかけこむことができるお家のことです。
町田市でも、たくさんのお家やお店にかんばんがついています。
自分の家の近くではどこにかんばんがあるのか、よく調べてみてね!!

Q1. どこについているの?

A. 個人住宅(こじんじゅうたく)やお店などについています。

Q2.どれくらいあるの?

A.町田市内で5269件(2006年3月1日までに)あります。また、日本全国では約14万か所にかんばんが設置(せっち)してあります。

Q3. いつから始まったの?

A.町田市では、1998年から始まりました。
また、日本で最初(さいしょ)に始めたのは、1996年に始めた岐阜県可児市(ぎふけんかにし)です。
(※それより前にはじめた地区も市内にあるよ)

児童青少年課業務案内へのリンク

このページの情報についてもっと知りたいときは

担当課:
子ども生活部 児童青少年課
電話:
042-724-4097
FAX:
050-3101-8380

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)