このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 医療・福祉 の中の 障がい者のための福祉 の中の 日常生活支援 の中の 補装具・日常生活用具 の中の 日常生活用具一覧(歩行支援用具・入浴補助用具・ベッド・トイレ・ストマ等) のページです。

本文ここから

日常生活用具一覧(歩行支援用具・入浴補助用具・ベッド・トイレ・ストマ等)

更新日:2018年4月1日

歩行支援用具や入浴補助用具、トイレやベッドなど日常生活用具のご案内です。

入浴補助用具

入浴補助用具
種目 対象者 内容 基準額 耐用年数
浴槽
(湯沸器含む)
学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの 浴槽は実用水量150リットル以上のもの
湯沸器は水温25度上昇させたとき毎分10リットル以上給湯でき、安全性について配慮され、浴槽の性能に応じたもの。
141,200円
(浴槽のみの場合58,300円)
(湯沸器のみの
場合 104,900円)
8年
入浴担架 3歳以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの(入浴に当たって、家族等他人の介助を要する者に限る。) 障がい者(児)を担架に乗せたままリフト装置により入浴させるもの 133,900円 5年
入浴補助用具 3歳以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、下肢又は体幹機能障がい者(児)で、入浴に介助を必要とするもの 入浴時の移動、座位の保持、浴槽への入水等を補助でき、障がい者(児)、難病患者等又は介護者が容易に使用できるもの。ただし設置に当たり住宅改修を伴うものを除く。 90,000円 8年
3歳以上の難病患者等であって、入浴に介助を必要とするもので必要と認められるもの

※浴槽(湯沸器含む)、入浴担架、入浴補助用具については、介護保険制度が優先されます。

入浴補助用具の一例

入浴補助用具の一例

歩行・移乗支援用具

歩行・移乗支援用具
種目 対象者 内容 基準額 耐用年数
移動用リフト 3歳以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの 障がい者(児)、難病患者等を移動させるにあたって、介護者が容易に使用し得るもの(ただし、天井走行型その他住宅改修を伴うものを除く。) 257,500円 4年
3歳以上の難病患者等であって、下肢又は体幹に障がいがある者で、必要とみとめられるもの
歩行支援用具 3歳以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)で、平衡機能又は下肢若しくは体幹機能障がいを有するもので、家庭内の移動等において介助を必要とするもの 転倒予防、立ち上がり動作補助、移乗動作の補助、段差解消等の性能を有する手すり、スロープ等であって、必要な強度と安定性を有するもの。ただし、設置に当たり住宅改修を伴うものを除く。 60,000円 8年
T字杖、棒状杖 身体障害者手帳の交付を受けた者で、平衡機能又は下肢若しくは体幹機能障がいを有するもの 障がい者が容易に使用し得るもの 木材 2,310円
軽金属 3,150円
3年

※移動用リフト、歩行支援用具については、介護保険制度が優先されます。

移動用リフトの一例

歩行支援用具の一例

歩行支援用具の一例

T字杖の一例

ベッド

ベッド
種目 対象者 内容 基準額 耐用年数
特殊寝台 原則として学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの 腕・脚等の訓練のできる器具を附帯し、原則として使用者の頭部及び脚部の傾斜角度を個別に調整できる機能を有するもの 250,000円 8年
学齢児以上の難病患者等で、寝たきりの状態にある者で、必要と認められるもの
特殊マット 3歳以上の知的障がい者(児)で、障がいの程度が最重度又は重度のもの じょくそう防止又は失禁による汚染若しくは損耗を防止するためマット(寝具)にビニール等を加工したもの 50,000円 5年
3歳以上18歳未満の身体障害者手帳の交付を受けた児童で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの
身体障害者手帳の交付を受けた者で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級のもの(常時介護を要する者に限る。)
3歳以上の難病患者等であって寝たきりの状態にある者で必要と認められるもの
体位変換器 学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの(下着交換等に当たって、家族等他人の介護を必要とする者に限る。) 介護者が障がい者(児)、難病患者等の体位を変換させるのに容易に使用し得るもの 15,000円 5年
学齢児以上の難病患者等で、寝たきりの状態にある者で、必要と認められるもの
訓練用ベッド 学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級または2級のもの 腕又は脚の訓練ができる器具を備えたもの 159,200円 8年
学齢児以上の難病患者等であって、下肢又は体幹機能に障がいのある者で、必要と認められるもの

※特殊寝台、特殊マット、体位変換器については、介護保険制度が優先されます。

特殊寝台の一例

トイレ・収尿器・ストマ・紙オムツ

トイレ・収尿器・ストマ・紙オムツ
種目 対象者 内容 基準額 耐用年数
便器 学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの 手すりのついた腰掛け式のもの。ただし、取り替えに当たり、住宅改修を伴うものを除く。 16,500円 8年
学齢児以上の難病患者等であって、常時介護を必要とするもので、必要と認められるもの
特殊便器 学齢児以上の知的障がい者(児)で、障がいの程度が最重度又は重度の自ら排便の処理が困難なもの 障がい者、難病患者等が容易に使用し得るもの及び知的障がい者(児)を介護している者が容易に使用し得るもので、温水温風を出し得るもの。ただし、取替えに当たり住宅改修を伴うものを除く。 70,000円 8年
学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、上肢障がいの程度が1級又は2級のもの
学齢児以上の難病患者等であって、上肢に障がいのあるもので、必要と認められるもの
特殊尿器 学齢児以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級のもの(常時介護を要する者に限る。) 尿が自動的に吸引されるもので、障がい者(児)、難病患者等又は介護者が容易に使用し得るもの 100,000円 5年
学齢児以上の難病患者等で、自力で排尿ができない者で必要と認められるもの
収尿器 身体障害者手帳の交付を受けた者であって、排尿機能障がいを有するもの 障がい者が容易に使用し得るもの 男性用15,862円
女性用17,510円
1年
ストマ用装具 身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、小腸機能障害、ぼうこう又は直腸機能障害があり、ストマ造設したもの 障がい者が容易に使用し得るもの 蓄便袋 1月あたり8,858円
蓄尿袋 1月あたり11,639円
紙オムツ 3歳以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、二分脊椎により高度の排尿若しくは排便機能障がいのもの 介護者が容易に使用し得るもの 1月あたり12,000円
3歳以上の身体障害者手帳の交付を受けた者(児)であって、乳幼児期以前の疾病等により下肢又は体幹機能障がいを有するもので、その程度が1級又は2級のもの(意思表示が困難なものに限る。)

※便器、特殊尿器については、介護保険制度が優先されます。

便器の一例

便器の一例

頭部保護帽・訓練いす

頭部保護帽・訓練いす
種目 対象者 内容 基準額 耐用年数
頭部保護帽 障がい種別に関わらず、てんかんの発作等により頻繁に転倒し、頭部を保護する必要があるもの(身体障がい者にあっては、手帳保持者に限る。) 転倒の衝撃から頭部を保護できるもの 15,000円
(プラスチック
37,000円)
3年
訓練いす  原則として3歳以上18歳未満の身体障害者手帳の交付を受けた児童で、下肢又は体幹機能障がいの程度が1級又は2級のもの 原則として附属のテーブルをつけるもの 33,100円 5年

その他の日常生活用具

コミュニケーション補助用具・医療用具等はこちら

申請方法

申請方法のご案内

日常生活用具の申請方法については、こちらをご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
地域福祉部 障がい福祉課
電話:
042-724-3089
FAX:
050-3101-1653

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)