このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 医療・福祉 の中の 福祉のまちづくり の中の ノーマライゼーション・バリアーフリー推進 の中の 町田市から全国に発信した車いすで歩けるまちづくり のページです。

本文ここから

町田市から全国に発信した車いすで歩けるまちづくり

更新日:2012年3月6日

やまゆり号第1号 やまゆり号第1号(すみれ会館前に展示)

 町田市は、1974年(昭和49年)に「町田市の建築物等に関する福祉環境整備要綱」を定めて、リフト付き車両「やまゆり号」の運行、歩道と車道の段差解消、車いすで利用できるトイレとエレベーター整備などを福祉のまちづくりとして進めました。
 また、障がい当事者と親の会を中心に作業所・授産施設づくりや、統合教育を進めました。 聴覚障がい者への手話通訳、視覚障がい者への点訳、朗読・音訳などの生活支援も早い時期に始めました。 こうした取組みは、仙台、京都などでもほぼ同時期に始まり、すべての人に快適な都市環境をめざす『車いすで歩けるまちづくり』として全国に広がりました。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
地域福祉部 福祉総務課
電話:
042-724-2133
FAX:
050-3101-0928

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)