このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

心のバリアフリーとは

更新日:2012年3月6日

目の見えない人の介助(ガイドヘルプ) 目の見えない人の介助(ガイドヘルプ)

 4つのバリア(物理的、制度、情報、意識)をなくすことをめざして、町田市では様々な取組みを進めています。物理的、制度、情報のバリアフリー化が進む中で、大きな課題は『心のバリアフリー化』です。
 意識のバリアフリー化は、心のバリアフリー化です。基本的には、人々の意識にある『障がい』や、『障がい者(高齢者・外国人)』に対する差別や偏見、理解の不足、誤解などに起因するバリアをなくすことです。
 人間関係を築く上で最も重要なことは、出会いの回数と交流(コミュニケーション)の密度であると言われています。町田市では車いすで歩けるまちづくりや統合教育を早くから始め、心のバリア解消に取組んできました。今後も、引き続き様々な活動・施策を通じて心のバリアフリー化に取り組んでいきます。

坂道での車いすの介助 坂道での車いすの介助

窓口での手話通訳 窓口での手話通訳 (筆談の対応が必要な方も増えています)

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
地域福祉部 福祉総務課
電話:
042-724-2133
FAX:
050-3101-0928

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)