このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

町田市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術補助事業について

更新日:2017年7月10日

町田市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術補助事業について

  • 町田市では、飼い主のいない猫について、子猫が生まれたなどの相談が多いことから、地域猫活動の普及啓発のため、不妊・去勢手術にかかる費用の一部を補助しています。なお、申請の受付は先着順です。年度途中でも補助金がなくなった時点で終了します。あらかじめご了承ください。
  • 飼い主のいない猫の不妊・去勢手術を目的とした場合に、猫が捕まらない等お困りの際は生活衛生課愛護動物係までお問い合わせください。
  • 飼い犬、飼い猫の不妊・去勢手術補助金事業は廃止になりました。

 市では、1992年度より「動物の愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づき、動物愛護の意識を高め、不幸な命を増やさないために不妊・去勢手術に係る費用の一部を助成してきました。その結果、当初の事業目的である「不妊・去勢手術を行い繁殖制限する」という考え方が、飼い主の間で定着してきました。これを受けて2016年度をもって飼い犬、飼い猫の不妊・去勢手術補助事業は廃止となりました。

飼い主のいない猫(のら猫)対策

地域猫活動に関するページです。

補助対象

申請者及び補助の対象となる動物は次のとおりです。

  • 町田市内に居住する者又は町田市内に事務所を有する団体に、市内で管理されている飼い主のいない猫であること。
  • 事前に飼い主がいないことを確認している猫であること。

補助金額

補助金額は次のとおりです。

  • めす:5000円
  • おす:2500円

補助対象動物病院

補助対象動物病院以外で手術をすると、補助を受けることができません。補助対象動物病院については、動物愛護事業協定動物病院一覧をご覧ください。

手続方法

注意:受付は先着順です。年度途中でも補助金がなくなった時点で終了します。2017年度から申請方法が変わりました。

  1. 補助対象動物病院で不妊・去勢手術をする
    補助対象動物病院で手術を受けてください。手術後に補助金等交付申請書(第1号様式)の獣医師記入欄に獣医師の記入・押印を受けてください。
  2. 不妊・去勢手術後に補助金交付申請書を提出する
    「補助金等交付申請書(第1号様式)」「補助金等交付請求書(第10号様式)」を生活衛生課に提出してください。(郵送でも結構です。)交付請求書の請求者と振込口座の名義人は、申請者となります。受付は手術日の属する年度の3月31日までです。
  3. 生活衛生課から補助金等交付決定通知書が郵送される
  4. 申請者の指定口座に補助金が振り込まれる
    市からは振り込み日のお知らせ書類を送付しないため、通帳に記帳してご確認ください。

申請様式

補助金等交付申請書(第1号様式)、補助金等交付請求書(第10号様式)は生活衛生課・各市民センター・市庁舎7階保健総務課の窓口で配布しています。また、町田市ホームページから申請様式をダウンロードして、印刷したものを使用することができます。

ペットの手続きに関する書式一覧

こちらから書式をダウンロードすることができます。

助成交付決定者の遵守事項

  • 不妊・去勢手術後の猫のうち譲渡可能なものについては終生屋内飼養をする者への譲渡に努めてください。
  • 不妊・去勢手術後の猫を手術前の生息場所に戻す場合は、トイレの設置、餌の適正な管理などにより周辺環境の美化を図り近隣住民の理解を得るよう努めてください。
  • 必要に応じて、猫に不妊去勢手術済であることが分かる識別措置(耳カット・マイクロチップ・ピアスなど)を講ずるよう努めてください。

次の場合は、補助を受けることができません

  • 猫または申請者が、補助対象の条件を満たしていない場合
  • 不妊・去勢手術を、補助対象動物病院以外で行った場合
  • 補助金の予算がなくなった場合

補助金交付申請後、次の場合は、生活衛生課にご連絡下さい

  • 申請を取り下げる場合
  • 申請内容に誤りがあった場合

書類提出先

〒194-0021町田市中町2-13-3
町田市保健所生活衛生課愛護動物係

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
保健所 生活衛生課 愛護動物係
電話:
042-722-6727
FAX:
042-722-3249

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)