このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

町田市立陸上競技場の観客席を増設します

更新日:2018年6月12日

「町田市5ヵ年計画17-21」にあるトップレベルのスポーツを体感できる環境を整備し、プロスポーツなどの大規模スポーツ大会等に対応した「観る」スポーツの場としての機能強化として、町田市立陸上競技場観客席増設を行うため、2017年度に基本設計を策定しました。
基本設計では、陸上競技場北東部のバックスタンド上部に3階建てのスタンドを増築し、観客席を約10000席から約15000席に増席する計画としました。
総工費は、造成、外構工事を含め、概ね48億円と試算しています。

観客席増設の概要

  • 規模、構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨3階建て
  • 増席:バックスタンド約5000席
  • 面積:建築面積約3300平方メートル、延床面積約7600平方メートル
  • 高さ:約30メートル
  • 諸室:売店、トイレ、授乳室、多目的室、エレベーター

工事費削減の方策

観客席増設の工事費は、延べ床面積の縮小や工事期間中の仮設観客席の設置の取り止めなどを行い、基本構想策定時に比べ、約10億円の縮小を行いました。
今年度の実施設計においても、適正な工事費にするよう努めます。

観客席増設の工程及び完成予想図

2018年度から2019年度にかけて実施設計のち造成工事を行います。2019年度から2020年度にかけて観客席整備工事を行います。2020年度外構工事を行います。2021年2月使用開始を予定しています。 工程表

鳥瞰図(増設部分は写真右上の屋根に覆われた場所)

外観図

内観図

観客席増設により期待できる効果

15000人規模の観客が訪れるスポーツ大会やイベントを誘致することで、トップレベルのスポーツなどを楽しむことができるとともに、新たな賑わいを創出することができます。
また、FC町田ゼルビアがJ1に昇格した場合において、町田市を訪れる観客の増加が見込まれ、大きな経済効果が期待されます。

交通アクセスへの対応

15000人規模の観客が訪れる場合、交通アクセスの問題が発生しますが、交通事業者や興業主などと改善に向けた必要な手段を検討していきます。

町田市立陸上競技場観客席増設の考え方

町田市5カ年計画17-21

町田市立陸上競技場は、以下の計画をもとに、スポーツを体感できる環境整備を進めています。

町田市5ヵ年計画17-21(2017年度から2021年度)

基本目標3「賑わいのあるまちをつくる」
政策2「誰もがスポーツに親しめる環境をつくる」
施策2「トップレベルのスポーツを楽しめる環境づくりの推進」
重点事業5「野津田公園スポーツの森の整備」に、観客席増設を掲げています。

町田市スポーツ推進計画アクションプラン

町田市スポーツ推進計画アクションプラン(2014年度から2018年度)

町田市は、スポーツ推進計画で定めた、トップスポーツの支援として、トップスポーツの場を整備をします。

町田市ホームタウンチームの地域貢献

町田市には、地元を拠点に活躍するホームタウンチームがあります。
サッカーJリーグに所属するFC町田ゼルビア、フットサルFリーグに所属するASVペスカドーラ町田そして、ラグビートップリーグに所属するキヤノンイーグルスです。
こうしたクラブの存在は、市民の皆さんにトップスポーツをより身近に感じていただけるきっかけとなっています。
また、地域貢献として、地元にある2つのチームが市内の学校や幼稚園、保育園などへ行き、サッカー教室やフットサルクリニックを行い、地域の子ども達にスポーツをより身近に感じてもらうための活動を行っています。

トップアスリートと子どもたちをスポーツでつなぐ!

ホームタウンチーム

基本設計についてのお問い合わせ

都市づくり部公園緑地課
電話:042-724-4398

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
文化スポーツ振興部 スポーツ振興課
電話:
042-724-4036
FAX:
050-3101-0488

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)