このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

町田市がインドネシアパラバドミントン代表チームの事前キャンプ地に決定しました!

更新日:2018年5月31日

覚書締結式の様子(左:セニ・マルブン会長、右:山田副市長)

町田市は、2018年5月15日にインドネシア共和国スラカルタ市で、インドネシアパラリンピック委員会(セニ・マルブン会長/Senny Marubun)と、東京2020パラリンピック競技大会の事前キャンプの開催について覚書を締結しました。

今後、町田市では、様々な機会を通じて、同国との交流を深め、選手団の応援や大会の盛り上げに取り組んでまいります。

覚書の概要

  • 町田市は、インドネシアパラバドミントン代表チームがキャンプで使用する町田市立総合体育館その他代表チームが必要とする施設の利用等に関して調整を行う。
  • 代表チームは、市民との交流イベントに練習に支障がない範囲で参加する。
  • インドネシアパラリンピック委員会は、パラバドミントン以外の競技に関して、市内施設における利用可能性を評価し、個別に調整する。

インドネシアパラリンピック委員会 セニ会長からのメッセージ

町田市でパラバドミントン代表チームの事前キャンプができることを嬉しく思います。今後も町田市との関係を深めていければ、と考えています。

町田市の皆さまにも、インドネシアパラバドミントン代表チームを温かく受け入れていただければ幸いです。

インドネシアパラバドミントン代表チームについて

インドネシア共和国は、東京2020パラリンピック競技大会でのメダルの獲得が期待される世界有数のパラバドミントン強豪国です。2018年3月末時点の世界ランキングでは、複数の選手・ペアが上位に入っています。
2017年1月と2018年1月には、町田市立総合体育館で日本代表との合同合宿を開催し、小中学生を対象としたパラバトミントン体験会など市民との交流にも関わっていただいた、町田市とつながりが深いチームです。

パラバドミントンってどんな競技?

パラバドミントンは、からだに障がいを持った選手のためのバドミントンです。
パラリンピックでは、東京2020大会から正式種目として採用され、注目が集まっている競技です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。パラバドミントンのカテゴリーとルールについて

一般社団法人日本障がい者バドミントン連盟によるパラバドミントン競技の紹介ページです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。パラリンピックをもっと楽しむためのウェブマガジン(競技を知る・バドミントン)

公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンターによるパラバドミントン競技の紹介ページです。

事前キャンプとは

事前キャンプは、各国のオリンピック委員会・パラリンピック委員会が、大会期間前の代表選手団のコンディション調整等のために任意で実施するトレーニング合宿です。
町田市は、事前キャンプの実施にふさわしい市のスポーツ施設を紹介し、東京2020大会に参加する選手がベストを尽くせる環境を提供することで、市の魅力発信やキャンプ国との交流等による地域の活性化を目指しています。
事前キャンプ期間中は、施設の利用を一部制限するなど、利用者のみなさまにご不便をおかけすることもありますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
文化スポーツ振興部 オリンピック・パラリンピック等国際大会推進課
電話:
042-724-4442
FAX:
050-3066-0178

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)