このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の 文化芸術情報 の中の 文化施設 の中の 町田市民文学館 ことばらんど の中の イベント情報 の中の 一般向けイベント の中の 舘野鴻×原口尚子記念対談「いとしき黄泉の番人たち-虫と妖怪のあやしい世界」 のページです。

本文ここから

舘野鴻×原口尚子記念対談「いとしき黄泉の番人たち-虫と妖怪のあやしい世界」

更新日:2018年7月24日

舘野鴻×原口尚子記念対談「いとしき黄泉の番人たち-虫と妖怪のあやしい世界」

舘野鴻絵本原画展の開催を記念して、舘野鴻さんと水木しげるさんの長女の原口尚子さんの対談を行います。

  • 日時:9月9日(日曜日)14時から16時
  • 聞き手:株式会社水木プロダクション、原口尚子(水木しげる、長女)
  • 場所:町田市民文学館2階大会議室
  • 定員:80名(申込順)
  • 申込期間:8月7日(火曜日)正午から9月5日(水曜日)まで
  • 申込:

【電話の場合】町田市イベントダイヤル(042-724-5656)へ。(受付時間:午前7時から午後7時)、1回線につき2人まで申込可能。
【Webの場合】イベント申込システムでイベシス(イベントコード:180807A-A)へ。24時間申込可能。
※定員に達し次第、申込を締め切らせていただきます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。web申込みの方はこちら

プロフィール

撮影:Tomoko Saishoji

舘野鴻(たての・ひろし)1968-
絵本作家。神奈川県横浜市生まれ。
母親の影響で小さな頃から絵本画家の熊田千佳慕のアトリエに出入りし、中学校で生物部に入部。大学に進学すると、昆虫採集をしながら、演劇や舞踏、音楽活動を行なった。大学中退後は、舞台美術、生花店など様々な仕事をしながら音楽活動、生物観察を続け、1996年秦野市への転居をきっかけに本格的に生物画の仕事を始め、2009年に初の絵本『しでむし』(偕成社)を出版。類まれなる観察力と精密で写実的な絵で大きな反響を得る。昨年、『つちはんみょう』(偕成社)で第66回小学館児童出版文化賞を受賞。

舘野鴻絵本原画展「ぼくの昆虫記-見つめた先にあったもの-」の情報はこちら

その他イベント情報はこちら

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
町田市民文学館ことばらんど
電話:
042-739-3420
FAX:
042-739-3421

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

所在地:〒194-0013、東京都町田市原町田4丁目16番17号