このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の 文化芸術情報 の中の 文化施設 の中の 町田市生涯学習センター の中の 募集中のイベント、講座・講演会など の中の 【市民提案型事業-講座づくり☆まちチャレ】「゛ゲーム依存”を超える!子どもの居場所作り』 受講生募集  のページです。

本文ここから

【市民提案型事業-講座づくり☆まちチャレ】「゛ゲーム依存”を超える!子どもの居場所作り』 受講生募集 

更新日:2018年7月15日

「゛ゲーム依存”を超える!子どもの居場所作り」の受講生を募集します

まもなく、夏休み。
ネットやゲーム三昧→昼夜逆転→生活リズムの崩壊となるリスクも高い時期でもあります。
WHOが新たな病気と認定した゛ゲーム依存症”に対し、死者が出た韓国では政府による規制もあります。しかし、中高生の50万人以上がネット依存症のおそれがあるといわれる日本では、有効な対策がないのが現状です。
逆に゛eスポーツ”やオンライン戦闘ゲームが子どもたちの興味をかきたて、個々の家族での対策は困難になっています。子どもたちの「みんな持っている」、「みんなやっている」という言い訳にはどう答えられますか。スマホ所持の低年齢化に対してはどうでしょうか。

そもそも、ゲーム依存症とは何か?単なるゲーム好きとの違いは?その原因、対策、そして、予防とは?親子だけでは解決しにくい課題を、地域ぐるみの連続講座で考えます。

企画団体

鶴二おやじたちの会

日程

2018年7月20日(金曜日)、27日(金曜日)、8月31日(金曜日)、9月28日(金曜日)、10月26日(金曜日)、全5回

時間

  • 午後7時から9時(第1回は午後9時30分閉会)

会場

  • 第1回:鶴川市民センターホール
  • 第2回から5回:鶴川市民センター第2会議室

対象

町田市在住の中学生、高校生とその保護者で、原則5回連続受講できる方
第1回の公開講座は、単独の申し込みができます。

定員

  • 第1回:200名
  • 第2回から第5回:30名

講座プログラム(全5回)

第1回:7月20日(金曜日)

「明日から夏休み!わが子と゛ゲーム”を話すコツ」
基調講演「ゲーム依存とは何か?その症状・治療・回復」
講師:国立病院機構久里浜医療センター 臨床心理士 三原 聡子氏

第2回:7月27日(金曜日)

「゛ゲーム依存克服キャンプ”から学ぶ 子どもが子どもに返る術」

第3回:8月31日(金曜日)

「新学期目前! 子どものストレスとの付き合い方」

第4回:9月28日(金曜日)

「゛秋の里山”!自然体験=アクティブラーニングのススメ」

第5回:10月26日(金曜日)

「町田発! ゲーム依存克服のためのアクションプラン案」

申込み方法

2018年7月15日(日曜日)午前9時から電話で生涯学習センター(電話:042-728-0071)で受け付けます。
先着順、第1回定員200名、第2回から5回30名、以下をお伝えください。

  1. 講座名と第1回目のみ受講か、連続受講か
  2. 氏名
  3. 電話番号
  4. 子どもの年齢

会場・アクセス

鶴川市民センター・アクセスマップ(所在地、周辺地図、駐車場等について)

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
生涯学習部 生涯学習センター
電話:
042-728-0071
FAX:
042-728-0073

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)