このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 文化・スポーツ の中の
  3. 文化芸術情報 の中の
  4. 町田市の文化財 の中の
  5. 縄文資料展「縄文土器をよむ-文字のない時代からのメッセージ」を開催 のページです。
本文ここから

縄文資料展「縄文土器をよむ-文字のない時代からのメッセージ」を開催

更新日:2019年7月11日

縄文資料展「縄文土器をよむ-文字のない時代からのメッセージ」

町田市には、1000カ所以上の遺跡があり、特に縄文時代の発掘資料は全国でも有数の質と量を誇ります。近年、縄文土器の個性的な造形が注目されており、町田からもそのような資料がたくさん発見されています。
土器はもともと調理道具ですが、なぜ縄文土器には過剰なまでに装飾が加えられたのでしょうか。文字がなかった縄文時代ですが、きっと土器のカタチには縄文人が強く表現したかった何かがあったはずです。この展示では、縄文人が土器の形にどのようなメッセージを込めたのか、いわば町田で最古のことばが何であったかを探ります。
あわせて、町田を代表する縄文資料もたくさんご紹介いたします。数千年前、実際にこの地域でつくられ、使われていたものから、町田にあった素晴らしい縄文文化を感じてください。

  • 会期:2019年7月20日(土曜日)から9月23日(祝日・月曜日)
  • 会場:町田市民文学館ことばらんど(原町田4-16-17)2階展示室
  • 休館日:毎週月曜日(ただし、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、第2木曜日
  • 観覧時間:午前10時から午後5時
  • 観覧料:無料

町田市民文学館ことばらんど施設概要

町田市民文学館ことばらんどについてはこちらをごらんください。

主な展示資料

クルミ型土器 木曽中学校遺跡(木曽西)

異形台付土器 鶴川遺跡M地点(鶴川)

深鉢 金森遺跡(金森東)

深鉢 忠生遺跡(根岸町)

中空土偶(まっくう)写真 中空土偶頭部(まっくう) 田畑東遺跡(小山町)

透かし彫り土製耳飾り なすな原遺跡(南成瀬)

関連イベント

展示期間中、関連イベントを実施します。お子様も楽しめるイベントがたくさんありますので、ぜひお越しください。

オープニングイベント

土偶マイム
7月20日(土曜日)午前10時から11時
考古学者でもある大道芸人白鳥兄弟はくちょうきょうだいが土偶をテーマにしたパントマイムを実演します。

  • 場所:町田市民文学館ことばらんど2階展示室
  • 出演:白鳥兄弟はくちょうきょうだい
  • 定員:60名(先着順、申込不要)

ワークショップ

親子で勾玉をつくろう!

親子で勾玉をつくろう!は定員に達しましたので、受付を終了しました。お申込みありがとうございました。
縄文時代のペンダントである勾玉を、柔らかい石材を加工して作ります。

  • 日時:7月26日(金曜日)午前10時から正午
  • 場所:町田市民文学館ことばらんど大会議室
  • 参加費(材料費):1人250円
  • 対象:小学生とその保護者
  • 定員:20名
  • 申込:7月4日午後1時から生涯学習総務課(電話:042-724-2554)で電話受付(平日のみ)

踊るまっくうのイラスト

夏休みドキドキ土器洗い体験

夏休みドキドキ土器洗い体験は定員に達しましたので、受付を終了しました。お申込みありがとうございました。
遺跡から出土した本物の土器を洗って、拓本をとり、しおりをつくります。

  • 日時:8月1日(木曜日)午後1時から4時30分
  • 場所:町田市考古資料室(町田市民文学館ことばらんど集合、展示を見学後、マイクロバスで移動し、終了後町田市民文学館ことばらんどに戻り解散)
  • 対象:小学生(お子様だけでの参加になります。)
  • 定員:20名
  • 申込:7月4日午後1時から生涯学習総務課(電話:042-724-2554)で電話受付(平日のみ)

縄文土偶のオリジナル風鈴をつくろう!

紙粘土で、土偶の形の風鈴を作ります。作品は文学館展示室で展示します。
注記:8月20日(火曜日)から8月25日(日曜日)の間に市民文学館でお渡しします。

  • 日時:8月2日(金曜日)午後1時から4時30分
  • 場所:子どもセンターまあち(町田市民文学館ことばらんど集合、展示を見学後、徒歩で子どもセンターまあちに移動します。)
  • 参加費(材料費):1人300円
  • 対象:小学3年生以上(保護者の見学も可)
  • 定員:20名(申込順)
  • 申込:7月21日(日曜日)午前10時30分から子どもセンターまあち(電話:042-794-7360)で電話受付。直接まあちに来館の場合は午前10時から受付可。

ドッキーをつくろう!

縄文土器のかけらにそっくりなクッキー(ドッキー)をつくります。

  • 日時:8月9日(金曜日)午前10時から午後1時45分
  • 講師:ヤミラ氏(おかし作り考古学者)
  • 場所:町田市生涯学習センター調理室(町田市民文学館ことばらんど集合、展示を見学後、徒歩で生涯学習センターに移動します。)
  • 参加費(材料費):1人100円
  • 対象:小学生とその保護者
  • 定員:35名(申込順)
  • 申込:7月18日(木曜日)午後1時から生涯学習総務課(電話:042-724-2554)で電話受付(平日のみ)

「まっくう」をさがせ!クイズラリー(ことばらんど応援部主催)

縄文グッズを身につけて出発!文学館周辺のチェックポイントをめぐり、土偶キャラクター「まっくう」をみつけて、クイズに答えよう!

  • 日時:8月11日(日曜日)、8月25日(日曜日)午前10時から正午
  • 受付:町田市民文学館ことばらんど1階サロン
  • 定員:各回80名(先着順、申込不要)

昼寝するまっくうのイラスト

講演会

「縄文人の心と世界観」谷口康浩氏(國學院大学教授)

文字を持たなかった縄文人は物質文化の中に彼らの精神世界を表現しました。縄文土器の造形・集落景観・葬送儀礼などから、縄文人の心と世界観を読み解きます。

  • 日時:8月17日(土曜日)午後2時から4時
  • 場所:町田市民文学館ことばらんど大会議室
  • 定員:80名(申込順)
  • 申込:
    1次受付:7月15日(月曜日)正午から7月17日(水曜日)午後7時まで町田市HP「イベシス」からで受付
    2次受付:7月18日(木曜日)正午から8月13日(火曜日)まで町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)またはイベシスから受付

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。イベシス申し込みページ

ウェブでの申し込みはこちらから(7月15日正午から)

直感で楽しむ土偶あれこれ」譽田亜紀子氏(文筆家、土偶女子)

考古学はけっして難しいものではありません。まずは現物を見て、感じて、想像することから始まります。土偶の面白い見方をご紹介します。

  • 日時:8月24日(土曜日)午後2時30分から4時
  • 場所:町田市民文学館ことばらんど大会議室
  • 定員:80名(申込順)
  • 申込:
    1次受付:7月15日(月曜日)正午から7月17日(水曜日)午後7時まで町田市ホームページ「イベシス」から受付
    2次受付:7月18日(木曜日)正午から8月20日(火曜日)まで町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)またはイベシスから受付

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。イベシス申し込みページ

ウェブでの申し込みはこちらから(7月15日正午から)

注記:町田市イベントダイヤル:年中無休、午前7時から午後7時まで
イベシス(町田市イベント申込システム):年中無休、24時間受付

展示解説

7月20日(土曜日)午前11時から正午
8月30日(金曜日)、9月7日(土曜日)、9月13日(金曜日)午後2時から3時
学芸員による展示解説を行います。

  • 場所:町田市民文学館ことばらんど2階展示室
  • 申込不要、直接会場にお越しください。

会期中参加できるその他のイベント

吹き出しコメントコンテスト

この土偶なんて言っているの?土偶のセリフを考えてください。入選作品は展示室・町田市ホームページでご紹介し、賞品を差し上げます!

  • 募集期間:7月20日(土曜日)から8月23日(金曜日)
    注記:展示室内で応募受付
  • 発表:9月3日(火曜日)

キッズパスポート(対象:中学生まで)

会期中、2回来館してスタンプを集めると景品がもらえます!(スタンプカードは会場で配布します。)

縄文キャラクターまっくうイラスト

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
生涯学習部生涯学習総務課
電話:
042-724-2554
FAX:
050-3161-9866

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)